kirari* ~私のちいさな宝物とハンドメイド~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産記録

すぐにお返事できなかったのですが、たくさんのお祝いコメントを頂いていて、
しばらく更新していない間にも気にかけてくださったんだなぁって
本当に本当に嬉しかったです
皆さん、本当にありがとう~


今日は、出産の記録を…。

rin*の時は予定日より11日早く、38週と3日で産まれたから
きっと、今回も早いんじゃないかな?って思っていたけれど、
全然、そんな気配がなくて

それならぎりぎりまでハンドメイドを楽しんでおこう
お友達への贈り物を作ったり、
出産後、ミシンがなくても出来るようなものを準備したり、
少しだけゆっくり過ごさせてもらいました

相変わらず、主人の仕事が忙しかったので、
出張と出産が重ならなければいいなぁ~って思っていました。

13日から娘の保育所がお盆休みに入って、
パワーの有り余っている娘とどこまで付き合えるかが心配で

そんな日の朝、ちょっとだけいつもと違う感じがしました。
娘の時と同じ…おしるしと思われるもの。
すぐにではなくても、もしかしたら変化があるかもしれないから、
午前中で仕事を切り上げて帰ってきて~と主人に電話して。

娘はパパが帰ってきたので、テンションあがっちゃって、
「どこかにお出かけしよう!」って張り切っていた

少しずつ、じわ~っとお腹が痛いような気がしてきたけど、
時間を見ても、一定の間隔ではなかったので、
病院に行くほどでもないかなぁ~と思っていたんですよね。

rin*の出産のときのこと。
かなり陣痛がひどくなってきていたのに、
「もっと強い痛みのはず…」と我慢していた私。
主人の帰りを待ち、更には夕飯も作って食べて、
何故か病院ではなく、実家に帰ろうとしていて
主人に説得され病院に行ったら、子宮口が全開していたんです
そこから5時間半の出産でした。

その話をすると、どの病院スタッフの人も、
「我慢強い人なのね~。初産でその早さだったなら
今回は、自分で思っているより早く来てくださいね!」
って注意されていたんです

でも、痛くないのに行っても…と考えていると
また主人が説得してくれて、夕方4時半頃、
病院に行ってみることに。

娘が不安に思わないように、実家の両親に迎えに来てもらって、
甥っ子とおもちゃ屋さんに行ってもらいました

病院に行ったら、まだ4㌢くらいだったけど、
そのまま入院することに。

案内してくれた看護師さんに
「この段階でその笑顔ができるって本当に我慢強い人ね~。」
なんて言われたけど、あとは産むだけっていう状況が嬉しくもあり、
何だか、自分の経験していない初めての環境にドキドキしながら
それを楽しんでいる自分がいた

娘を産んだ時と同じ総合病院なのだけれど、
病棟が新しくなっていて、
どこかの個人病院みたいにすごく綺麗だったこともあって、
何だかわくわくしていたり

その後、いろんな検査している間、主人と話したり
ゆっくりと過ごしながら、ぼーっとしていて。
なかなか病院食が運ばれてこないから、
早く夕飯食べないと陣痛来たら食べられないよね!なんて
夕飯の心配しているぐらいのんきでした

7時半を過ぎた頃、だんだん痛みが強くなってきて、
娘がママに会いたいと病院にやってきたのですが、
歩いて部屋の外に出るのがちょっと困難なほどに

でも一人目の時、病院に来た時の痛みがこのぐらいだったから、
まだこれから時間かかるかな?って感じでした。
助産師さんが「今日中には産まれると思います。」って言われたので
娘には両親と一緒に帰ってもらうことに

病院のお部屋には子どもが入ってはいけなかったので、
娘と赤ちゃんが直接会えるのは、出産後2時間のみ。

出来れば、娘と赤ちゃんを会わせてあげたかったから、
娘の起きている時間帯に産みたかったんだけど、
こればかりはどのくらいかかるか分からなかったし

痛みでよく覚えていないけど、
ママの様子に不安になったようで悲しそうな表情を浮かべた娘に
一生懸命笑いかけて、バイバイしたような気がする。

どんどん痛みが強くなってきて
そこからはあまり覚えていないけど、
両親と娘が帰ってお部屋に戻ったのが20時過ぎた頃だったかな。

痛みが強くなってきたのに、看護師さんも助産師さんも来てくれなくて、
痛そうな私に主人が「誰か呼ぶ?」って聞いてくれて、
やっと来てくれた助産師さんが「準備した方がいいかな。」って
やっと準備してくれた。
主人にも「あと1時間のうちには産まれると思います。」って
言われたみたいで、それからしばらくして破水したのかな。

帰ったばかりの両親と娘に、主人が慌てて電話してくれて、
病院に戻ってきてもらったみたい。


20時43分出産
出てきた瞬間、大きな産声を上げた我が子。
「あぁ~、やっと産まれてきてくれた~。」ってほっとした

rin*の時は、とっても小さな泣き声だったような。
私も産むまでまったく声を出さなかったので、
主人も母もrin*がいつ産まれたのか分からなかったんですって
声を出すと、力が分散しちゃうから出さない方がいいよって助産師さんに
アドバイスもらったので、声を出さなかったんですけどね。


今回は、外で待機していた主人にも産声が届いて
産まれたよ~って報告をすぐに家族に電話してくれていました

経産婦さんは早いよって聞いていたけれど、今回は3時間かからないスピード。
痛みを我慢している私にはすごく長く思えたけれど、
待っている主人にとっては早かったみたい。
看護師さんたちに「痛みに強い人。」って何回も言われたけれど、
痛いときは、やっぱり少し「痛い。」って声が出た。

rin*の時の出産の痛みは正直覚えていない。
痛みを忘れるから、また産めるのかもしれないけど、
やっぱり出産ってかなり痛かった~
忘れているからか、今回の出産の方が痛いような気がした
でも、日が経つにつれて、その痛みも忘れかけてるから
人間って不思議だよね。


産まれて2時間はその分娩台の上で、しばらくじっとしていて、
赤ちゃんを自分の胸の上においてもらってカンガルー抱っこ。

出産後やっぱり疲れているし、
小さな赤ちゃんを胸に抱っこしているので
身動き取れなくて腰が痛かったり、かなりつらい体勢だったけど、
無事に産むことができて、赤ちゃんの体温を感じることが出来る
この瞬間はとっても幸せだな~と感じた

少ししたら、両親と娘も来てくれて。
娘の起きている時間帯に出産することが出来たので、
娘は赤ちゃんとご対面することが出来ました

両親が私と赤ちゃんの元気そうな様子を見て帰宅した後、
私はカンガルー抱っこしたまま、赤ちゃんに初めての授乳をしました

こんなに小さいのに、
まだ新しい世界に出てきたばかりなのに、
すごく痛くって、こんなにもすごい強い力で吸い付くことが出来るんだ
って、びっくりした。
痛そうな私の表情に、娘は少し心配そうな表情で
「痛いの?ちょっと赤ちゃん強く吸いすぎたんじゃない?」
って言ってました

赤ちゃんの温かさと力強さを感じて安心した。

「赤ちゃん。大丈夫だよ~。」って優しく声をかけてくれる娘。

きっと、初めて来た病院の様子だったり、痛そうな私の表情だったり、
寝たまま身動き取れない私の姿を見て娘はショックを受けていたんじゃないかな?

赤ちゃんが産まれたと聞いても、すぐに状況を全部受け止めることは
出来なかったんじゃないかな?と思うけど、
固い表情のまま、自分のことより私や赤ちゃんに優しい言葉をかけてくれる
そんな娘の姿が一番愛おしくて仕方がなかった

できれば頑張っていた娘をただ抱きしめてあげたかったけど、
赤ちゃんを抱っこしていて出来なくて切なかった

さすがに夜も遅くなってしまって、
2時間一緒にいることはできなかったので、
主人と娘は帰宅することになったのですが
その時初めて、パパにしがみついて、
「ママと一緒にいたいよぉ~。」とボロボロ涙をこぼした娘。

パパが出張でいないことはあったけど、
ママと離れ離れになるのはこの時が初めてだったんだよね。
いつもと違う状況にすごく不安になっていたんだろうなぁ。
何度も私とタッチして、バイバイして大泣きしている娘を
初めて見たような気がします。
子どものそんな表情を見るのは本当に切ないですね

その日は、帰りの車の中でずっと泣きながら眠りにつき、
お家に帰って目が覚めてまた泣き、疲れて寝ていったそう。

私はその夜は一人で休ませてもらっていたので、
産まれたばかりの赤ちゃんより
初めて離れ離れの夜を過ごす娘の心配をしていました。

長々と書いてしまいましたが、
私の二人目の出産の日の記録です
スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 15:15:15|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<入院中のこと~母乳編~ | ホーム | ご報告>>

コメント

そっかそっか〜〜我慢強いんだね〜〜
かなりのスピード出産で羨ましい(#^.^#)
私は1人目は痛くて大騒ぎだったけど
2人目の時は我慢しましたって感じ^^
とにかくベビーは可愛いだけだけどやっぱり心配なのは上の子だよね!
初めてママなしの長いお泊りをするわけだしね。
病院に会いにきたリンはあまえるよりも引いていた。。
うちもまさに固い表情だったなぁ。。
でもさ、実家に行ってからのわがままぶりに辟易したけどね(>_<)
すっかり可哀想なリンはばあばに甘やかされちゃってね(^-^;
rin*ちゃんは大丈夫?
生まれたばかりのベビーはまだあんまり手がかからないから
自宅に戻ってからまた楽しい日々が続いたよ^^
しばらくはrin*ちゃんの可愛いお姉さんぶりが見れて
幸せだよね〜〜きっと♡
調子にのって自宅に戻ったと同時にリンのために遊びに連れ歩いてたら
新生児だったソウの体重が減っちゃって慌てたけどね( ;゚Д゚) 
  1. 2013/08/28(水) 19:27:48 |
  2. URL |
  3. saya #-
  4. [ 編集 ]

こんばんはriao*ちゃん♪

何よりも母子共々無事で元気でなによりだわ(^.^)
看護師さんたちからしたら、すっごく良いママさん!
痛みに強くて、上手に出産を乗りきったって感じね♪

rin*ちゃんには少し試練なのだけど、素直に自分の
寂しい感情を表せてるから、きっと大丈夫。。。
溜めこんじゃうと、後々爆発して大変だからね(/_;)
うちの子の場合、ずぅ~っと実家に預かってもらって
いるあいだは、全然泣いたりしないで逆にジジババが
我慢してる姿みて泣いてたらしい。。。^^;

きっとrin*ちゃん、退院してからは色々お世話したいのに
初めのうちはあんまりやらせてもらえないから、ご不満
モードになっちゃうかもねぇ~(^.^)
でもきっと賑やかで楽しい日々が待ってるよぉ~♪
  1. 2013/08/28(水) 20:04:58 |
  2. URL |
  3. rain*rain #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/08/29(木) 16:51:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

sayaさんへ

sayaさん、ありがとう^^
本当に我慢強いのか分からないけど(笑)
そうそう、心配なのは上の子だよね。
そうなの。今、実家でrin*の面倒見るのが大変!
それが甘やかされてわがままになっているのか、
パパと離れてちょっとストレスたまっているのか
分からない感じで困ってるの。
早く自宅に戻った方がいいかな~って感じなんだ。
でも、張り切ってお姉ちゃんっぷりを発揮しているよ♪
  1. 2013/09/02(月) 13:44:43 |
  2. URL |
  3. ri*ao #-
  4. [ 編集 ]

rain*rainちゃんへ

rain*rainちゃん、ありがとう^^

そうかな?ちゃんと自分の感情を言える分大丈夫かな?
今は実家暮らしで、パパと離れて暮らしているのが
ちょっとストレスなのかも…時々大暴れしてます(笑)
長女ちゃん、我慢していたんだね…それは見ている大人の方が
泣けてきちゃうよね。

ありがとう^^
うまく娘のことかまってあげながら楽しく過ごすよ~(*^_^*)
  1. 2013/09/02(月) 13:49:06 |
  2. URL |
  3. ri*ao #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chiisanatakaramono.blog.fc2.com/tb.php/209-1f641b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。