kirari* ~私のちいさな宝物とハンドメイド~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

se~ko*ちゃんmadeのお洋服(オーダー)

前回の記事で、たくさんのお友達におめでとうコメントをもらって
すごくすごく幸せだなぁ~って思いました
皆、すごく心配してくれたり、自分のことのように喜んでくれて、
優しい皆の言葉に感激しっぱなしでした~
本当にありがとう


今日は、土曜日に我が家に届いた可愛いお洋服のご紹介

妊娠が分かってから、余裕がなくって、なかなかハンドメイドする時間がとれなくて。
タカエグマちゃんとの交換会のお品も待ってもらっているし、
他のお友達にもお礼とかしたかったし、
カウプレもしようと思っていたのに先延ばしになっちゃって

でも、今は焦らない焦らない…ということで、皆さん待っていてね

おっと、話がそれちゃってました

娘にもずっとお洋服作ってあげられていないから、
それが気になっていたんですが、タイミング良く
大好きなお友達に作ってもらえることに!

以前から、オーダーしたいなぁ~って狙っていたんですけどね
そのお友達とは、little stitch のse~ko*ちゃん
se~ko*ちゃんの作るお洋服は、優しくって、色合いも生地合わせもすごく好きな感じなの
そして、細部にわたるまで可愛いこだわりがいっぱい!

どのお洋服を見ても好きなので、今回はse~ko*ちゃんにお任せで
作ってもらっちゃいました~

こちらのお洋服です~



娘が写り込んでいてごめんね。
ちょっとお姉さんな雰囲気なの~

一つずつアイテムをご紹介

まずは、トップスは「アップリケ付きの長袖」というオーダー。
se~ko*ちゃんのアップリケ、すごく可愛いんです~
オーダーする時は、絶対にアップリケつけてもらいたかったの
なんと、今回は、娘のイメージに合わせて、うさぎちゃん!
可愛すぎるぅ~

そして、私がボーダー好きだって知ってたの、se~ko*ちゃん?

se~ko*ちゃんのすごいところは、細かい気配り!
サイズ選びに迷っていると伝えたら、今回はラグプルを作ってくれたのですが、
90の着丈と袖丈を伸ばして、いいサイズで作ってくれたの~
こういうのって、ハンドメイドならではのサービスだよね

DSC07973.jpg

ラグプルショート丈には、ポケットつかないんですが、
つけてくれて、しかもbichetteさんの生地(だよね?)。
ちらっと見える色合いと、柔らかな感触がたまらない~

cats1.jpg
そして、後ろには可愛いタグ
このタグを初めて知ったのは、se~ko*ちゃんのブログでだったよ

このタグを初めて見た時、rin*と初恋のお兄ちゃんの後姿と重なって、
可愛いなぁ~って思って、即購入したのを覚えてる
今回、se~ko*ちゃんがその時のエピソードを思い出して
このタグをつけてくれたって聞いて、感動したよ~

little stitchのブランドタグも可愛い~

そして、se~ko*ちゃんと言えば、ぷっくり巻ロック!
ずっとオーダーしたかったヘビロテスカッツをふりふりバージョンで

DSC07976.jpg

布帛とフレンチフライスの組み合わせのふりふり。
さすがse~ko*ちゃん、ものすごくキレイな巻ロック
裾のレースも可愛い~

そして、前印に、すごく可愛いくまさんのボタン

届いてすぐに娘と一緒に開けさせてもらったのですが、
娘も大喜びで、着ていたお洋服をすぐに脱ぎ捨てて
se~ko*ちゃんmadeのお洋服を着ていました

結構、匂いに敏感な娘、嫌な匂いは拒否するのですが、
se~ko*ちゃんの荷物を開けた瞬間、「いい匂い~」と
嬉しそうに抱きしめていましたよ

スカッツも、「rin*ちゃん、紫大好き~」と言って
ご機嫌な様子~

着てすぐにお出掛けしたのですが、
帰りにちょっと寄ったうちの実家でも母に、
「これ、ママのお友達に作ってもらったの~。」って自慢していました

私が作ったお洋服ではないけれど、
まるで自分が作ったかのように誇らしくて嬉しかったよ

se~ko*ちゃんmadeのお洋服は、写真で見ているよりももっと素敵で、
優しくって、縫製もすっごく綺麗で…とにかく感動しちゃいました
私の作るお洋服とは比べ物にならない綺麗さで、
近かったら、ミシン教えて欲しい~って本気で思いました

生地合わせや色合いも、私の中にはないものだったり、
細かい個所まで綺麗で愛情が伝わって来て…
勉強になるし、すごいなぁ~って改めて、尊敬しちゃいました


さて、喜ぶ娘の着画です~

最近、お気に入りのねじねじパンツと合わせてみたり、
もちろんse~ko*ちゃんmadeで全身揃えても可愛い~
cats2.jpg
寝転がっていても、座った感じも、
後ろから見ても、横から見てもいい感じ~
cats3.jpg
スカッツも、今は少し大きいけれど、長く楽しめて嬉しいなぁ
次の日も着たいと言っていたので、ちょっとトップスを可愛らしい感じに替えて
お姉さんぽい色合いだから、引き締まっていいね
cats4.jpg
se~ko*ちゃんがぷっくりリボンゴムもプレゼントしてくれたの
娘はすぐにそれを開けて、ニコニコしてました。
だから2日目は、ゴムをつけられる髪型にしてみた~

表が大好きなフルールで、裏がスカートとお揃い生地。
いつもお転婆な娘だけど、少しだけ女の子らしく見えるかも~
se~ko*ちゃんの娘ちゃんのゆ~ちゃんは、美人さんで優しいお姉ちゃんなんですが、
娘にもゆ~ちゃんみたいな優しい子に育って欲しいなぁ

cats5.jpg
手に持っている黄色いおもちゃは、ご飯やさんでもらったもの
(本人は、これをカメラだと思って、写真を撮ってます)
もう一つは、タカエグマちゃんからもらったことりさんのピンクッション
本当は、ママのだけど「鳥さんの赤ちゃんだよ。」と大事そうに持っていて、
ママになったつもりで自分のお腹に隠したりしているので、
貸してあげてます

この日もとにかく楽しそうで、娘のこういう笑顔が見れるだけで
幸せだなぁ~って思います
cats6.jpg

se~ko*ちゃん、本当に素敵なお洋服をありがとう~
これからもどうぞ仲よくしてね


最後に関係ないけど、娘がちょっと前に書いた絵。
私が着替えている間に、PCデスクにあった紙とボールペンで描いていたもの。
固い机に、ボールペンだったから描きにくいと思うけど、
何だか、ほんわかとする感じがして

いつもは、そこらへんで描いている絵は捨ててしまうことが多い
本人も、家で描いた絵は丸めて棒状にして遊んだり、
ハサミで切っていることも多いから、記録していなくて。

でも、これだけは残しておきたいなって思って写真を撮りました

DSC07955.jpg

家族の絵なんですって。
最初に描いていたのがパパ(右)。
おひげを一生懸命描いてました
優しい雰囲気がパパそっくりで、いいなぁ~って思ったんです。
そして、ママとrin*ちゃんは似ている気がします

これからも仲良し家族でいようね
スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 16:50:37|
  2. カウプレ・贈り物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ちょっとご報告…&娘の成長記録

今日は久しぶりに暖かい穏やかなお天気
暖かい日が続いて、このまま春になるのかなぁ~と
思っていたら、ひどい風・雨…そして雪がチラついていたり。
気温の変化も激しいので、身体ついていかないよね

前回のお雛様の記事の時に、いっぱい写真があったからか、
せっかく加工していた娘の楽しそうな様子のものを載せるのを忘れてた~

誰も気にしないと思うけど、親バカなので、
追記しちゃいました


さて、今日の話題。
いつ頃、このことについて書こうかな…って
ずっと迷っていたけれど、そろそろいいかな。

実は、私、只今二人目を妊娠中。
今週、検診があって、やっと17週に入ったところです
年明け早々、体調がすぐれない…と書いていたことで
気が付いてくれたお友達もいたようですが、
私、とても心配性なので、なかなか言うことが出来ず、
安定期に入ってからのご報告になりました

本当はね、いろんな自分の気持ちであったり、
家族の在り方であったり、娘の成長なんかも
細かく記録していけたらいいなぁ~と思っていたのですが、
やっぱり、自分の体調が良くないと、気持ちもついていかなくて

検診の時に赤ちゃんが元気だって分かると、ほっとして
でも、また次の検診まではどうなっているのか、
分からないことが多くて、ドキドキ。
でも、出産まで、そんな自分の気持ちも含めて、
記録していけるといいなぁ~って思っています

長くなりそうなので、閉じますね~。
読んでくれる人は、【続きを読む】からどうぞ~


続きを読む
  1. 2013/03/15(金) 16:00:33|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

ひなまつり 2013

少し遅くなってしまったけれど、今年の雛祭りの日のお話

2月の娘のお誕生日会が終わると、すぐにお雛様を飾る準備を始めるので、
この季節は何かと慌ただしい我が家です

今年は、連休を挟んだので、第3回目のお誕生日会の日には、
お雛様も一緒に参加してましたけど

娘が生まれてから、雛祭りの日には、
私のお雛様と、娘のお雛様をどちらも頑張って飾ることにしています

私も、小さな頃からお雛様が大好きだったし、
何だか特別な幸せな気持ちを感じていたので、
娘にとっても、そんな思い出になればいいなぁ~って思っています


去年も書いたけど、我が家のお雛様をちょっとご紹介。

まずは、私のお雛様
私の母方の亡き祖父が買ってくれた米洲さんの7段のお雛様。

DSC07794_convert_20130304170113.jpg

今では木目込みのお人形はあまり大きいものは作っていないみたいですが、
昔なので、お人形も大きめで、とってもふくよかな柔らかい印象のお人形です
3人官女に五人ばやし、大臣に仕丁、お道具…皆大好きです。

少しずつ劣化してきたりして、昨年はお人形を何体か修理に出しましたが、
これを作られた無形文化財の米洲さんはもうお亡くなりになれれているので、
娘さんに直して頂きました。

でも、お道具とかも少しずつ漆が剥がれてきていて…
大事にしたいなぁと思いつつ、なかなか直せずにいます
(結構お高いので…少しずつかな~)

そして、こちらがうちの両親が買ってくれた娘のお雛様。
清水久遊さんが作った有職ひな人形(親王飾り)

DSC07786_convert_20130304170048.jpg

本当に端正なお顔立ちのお人形さん。
お着物も本当に12単衣を着ています。
屏風も貝(?)に模様が描かれているような感じで、とても素敵

「子どもより大人が欲しくなるようなお雛様」という感じ。
娘のために買ってくれたお人形なのですが、
本当は、母が欲しい!と思う程、一目で気に入って、
娘の私にあげたいなぁ~と思ってくれたそうです

だから、私はどちらのお人形もすごく好きです

いつか、娘が嫁ぐ時に、どちらを持って行ってもいいように…
という母の気持ちもとても嬉しくて


お雛様を飾りながら、毎年、両親の愛情を感じています

私のお雛様も、私のために買ってくれたお人形だけど、
そこには、母の両親の母に対する愛情が込められているんだなぁ…って
思って、すごく温かい気持ちになりました

だから、これからも毎年、お雛様をきちんと飾って
両親に見て頂きたいなぁ~って思います

今年もお誘いした時に、「え~、去年見せてもらったから、いいのよ。」って
遠慮していた両親でしたが、内心はとても嬉しかったそうです
「このお人形(娘の方)、本当に素敵だから、また今年も見たかったの。」
って母は言っていたし、口には出さないけれど、
もう一つの7段のお人形は両親との大切な思い出なんじゃないかな?って思います
父は純粋に、孫娘に会えるのを楽しんでました

お人形さんのお顔はこんな感じ~。
ちょっと分かりにくいけど、どちらも優しいお顔です

cats1_convert_20130304165757.jpg

娘は、今年ははっきりと分かるようになっていて、
「おひなさま二つ~。」ととっても喜んでくれて、
「お内裏様とお雛様でしょ~?」と確認していました

どちらのお雛様も好きみたいで、眺めていたり、
お人形さんに話しかけていたり、面白いです

そして、娘のお雛様の作品

DSC07890-1_convert_20130304194931.jpg

保育所の壁に飾ってあった時、思わず、
「大きいおめめ~。」と笑ってしまった私ですが、
先生が「△を描かれるのも上手になられましたね。」って
言ってくださって、そんな風に見るのか~ともう一度見たら、
本当だ、△が上手に描けてる。
お顔の配置も表情も上手になってきたんだなぁ~って感じました

折り紙を三角に折ったり、お花を作るのも
上手に出来るようになっているんですね~。

娘の絵のおかげで3月3日はお部屋が少し明るくなったように思います

3月3日は、日曜日だったからお昼はお雛様ランチにすることに。
去年はオムライスでお雛様を作ったから、
今年は、ちらしずしにすることにしました
cats4_convert_20130304165856.jpg

はい、お着物にする予定の卵足りずに、失敗しました~
錦糸卵でごまかしてま~す
その上から、お内裏様の方は、のりでしゃく(?)のつもりの飾りと、
お雛様は、柴漬けで飾り(扇子の形じゃないけど…)をつけたら、
少し、それらしくなったかしら?

大人用のちらしずしは、本当はいいお魚がいっぱい並んでいたから、
豪華なちらしずしにしようと思ったのですが、
主人に「普通のがいい。」とリクエストされたので、
本当に手抜きのちらしずし

ハマグリのお吸い物に、娘の大好きな甘酢和えの肉団子、
色どり良く、お野菜のマリネを並べてみました

パパと娘が喜んで食べてくれるお顔を見れて満足~
cats5_convert_20130304165907.jpg
すごくわざとらしいお顔だけど、喜びのお顔~
3歳になってから、このポーズがいいみたい。

左右のお洋服が違うのは、食事中にお吸い物をだぁ~とこぼし、
お着替えしたからで~す

ひなまつりのおやつは、大好きな和菓子~

前日、主人の実家でおやつに、桜餅を出して頂いたので、
この日は、苺大福と、うぐいす餅~
どちらも大好きなの~

苺大福の真ん中のサイズが大きいのは、もちろん、私用!
真ん中のだけ、中身があまおう&白あんだったんです~。
白あん大好きな私だけ、大きいサイズ。

いつも買うお気に入りの和菓子屋さんは、去年、
朝から長蛇の列で、欲しいお菓子が買えなかったので、
今年は、前日に予約しに行きましたよ~
好きな食べ物の為ならば、頑張れる~
cats6_convert_20130304165921.jpg
娘は一生懸命、お雛様にお話中。

娘の為に、こんな可愛いお菓子も買っちゃいました
cats2_convert_20130304165829.jpg
引き出しみたいな形になっていて、
中身は、金平糖と干菓子。

節分に保育所で初めて金平糖をもらってから、
金平糖が大好きになった娘
金平糖の名前がすぐに出てこない時には、「きらきら~。」と
嬉しそうにしています

私も金平糖も干菓子も、大好きだったなぁ~

こっちのお菓子は日持ちするから、
ゆっくりと娘のお楽しみになりそうです


夜は、久しぶりに私の両親が誘ってくれて、イタリアンに
確か、去年も雛祭りのお祝いしようって、お食事に誘ってもらったなぁ。

娘は美味しかったようで、すごい食欲を見せてくれました
この日は、娘の中で「どちらこそ~。」という言葉がツボで、
(おそらく、「こちらこそ。」というお礼の言葉のことかな?)
皆に「どちらこそ~。」と言っては大笑い

そのうち、使い方まで間違ってきて、
自分がお水を飲んでいるコップを渡して、「どちらこそ~。」
順番にお水を飲んだふりをして、
隣の人に「どちらこそ~。」と渡すっていう遊びに発展

誰かがそうする度にお口に手を当てて、嬉しそうに笑う娘。
使い方間違っているけど、あまりにも娘が楽しそうなので、
皆でその遊びに付き合ってました

娘が笑う度に、見ている私たちも幸せな気持ちになります

両親は娘の笑う姿に「女の子らしい笑い方だね~。」
「明るい子だね~。」って嬉しそうに目を細めて、
両親にとっても楽しい1日になったみたいで嬉しかったです

お雛祭りは、私にとっても両親の大きな愛を感じる日。
子どもの気分で、たくさん甘えさせてもらっているような気がします

最初に書いていたけれど、毎年、お雛様の時期に
「何だか特別な幸せな気持ちを感じていた」のは、
きっと、両親の愛情に包まれて、すごく温かい気持ちに
なっていたからではないかな?って思いました

娘にとっても素敵な思い出になりますように
両親がしてくれていたように、私も娘の幸せを願って
毎年、出来る限りのことをしてあげたいなぁ。


その夜は、遅くまで、2つのお雛様をお片付け~

お人形を並べていく作業もすごく時間が掛かるけれど、
片づけていくのもとっても大変です

並べる時には「パパママ、お雛様頑張れ~!」って
応援してくれていた娘も、二人が全く遊んでくれないので、
かなり不機嫌そうな様子

毎年、こうして出したり片づけたりしながら、
今まで両親がしてくれていたことを思い出して、
感謝せずにはいられません

子どもが出来て、子どもを思う度、
両親からして頂いたことを思い出しては、
両親への感謝の気持ちがどんどん深くなっていきます



そして、もう一人、毎年感謝している人がいます。
それは、やっぱり主人です

私が「お雛様出さなきゃ!」「お雛様のご飯作らなきゃ!」と
言うのを、黙って手伝ってくれる頼りになるパパ

父親の気持ちになったことがないので、
どんな思いを持っているのか、分からないけれど、
そういう行事の時には、私があれこれ言っているのを
さっと手伝ってくれるんです

どこのお家ももしかしたら、そうなのかもしれないけれど、
家族にとって大切な行事の時は、とっても協力的。
本来はとても面倒くさがりな人なんだけど、
「面倒だ」とか否定的な言葉を一度も聞いたことがない気がする。

重いものや大物を設置してくれたりするのは、パパ。
細かい作業や、バランスを見ていくのは、私。

得意な分野が違うから、いつも上手くいくんだよね

飾りつけだけじゃなくて、お料理の時だって、
忙しいとパニックになる私の傍で、ちゃちゃちゃっとサポート。
「これやって~!」なんて指図する勝手な私にも
いつも優しくしてくれてありがとう

主人がいなかったら、私、一つもちゃんと出来ていないと思う。
毎日、彼と結婚して良かったなぁ~って思っているのです

彼にもそんな風に思ってもらえる奥さんになれるように
少しずつだけど、頑張っていこう
呆れずに長い目で待っていてね~


こんなことを感じていたひな祭りの1日でした
きっと、皆様のお家にもいろんなお雛様のストーリー、
そして家族の物語があるんでしょうね。

cats7_convert_20130304165932.jpg
楽しそうな娘の笑顔
(載せるの忘れていた~、だれも気が付かないかもしれないけど、追記)


もう3月。まだ寒かったりするけれど、
もうすぐそこまで春がやって来ているのを感じます

早く暖かくなるといいなぁ~
  1. 2013/03/05(火) 17:00:47|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

育児記録(3歳) & 作品展

先週末は、私の両親と甥っ子(兄)を我が家に招いて、
お雛祭りのお茶会をしました~

私のお雛様と娘のお雛様を両方、飾ってあるので
やっぱり両親には見てもらいたくって

こういう時でないと、我が家に来てもらう機会はなかなかないし、
お雛様を飾るたびに両親の愛情を感じて、会いたくなるんですよね

去年のことを覚えているのか、甥っ子(兄だけ)も一緒に来てくれて、
娘と二人、はしゃぎながら遊んでいました

お天気も良かったし、すっごくすごーくいい表情の写真が
たくさん撮れたんですよ~。
なのに、なのに!なんと、撮影中にカメラの調子が悪い

おかしいなぁ…と見てみると、データカードが取れない!
やっと取れたデータカードは割れて破損
そして、破片が見つからず…(カメラの中だ…)。
データカードにはその日の写真は1枚も残っておらず、
カメラも心配なので、修理に出すことに…

ショック過ぎて、今週ブログの更新をさぼってしまっていました

幸い、カメラは5年保証をつけていたし、
破損部分も掃除で何とか取り除けたようで、修理は免れました~

…ということで、ちゃんとした写真は今週は、ありません
なので、久しぶりに育児記録でも書くことに。
(ちゃんとした育児記録をしばらく書いていなかったような気がする…。)
毎日、毎日、少しずつ成長していて、面白いなぁ~、可愛いなぁ~って思うけど、
すぐに忘れてしまうんですよね

こんなキラキラしている毎日、ちゃんと書き留めておかなきゃ!
(今まで何を書いたか、全部は覚えていないので、重なっている部分があったら、ごめんなさい。
あれ?読んだよね?って内容があっても、流してもらえると…)


今日は、とっても風が強くって、少し暖かい日
娘と二人、外に出てみたら、想像していたより、風が暖かくはなかった。
「わぁ~、すごい風だねぇ~。」
やっぱり長いブーツに履き替えて行こうと思って、玄関を開けると、
「やっぱり、もう一回、お家に入ろっか。」と一人前な娘

私のブーツを見て「短いお靴、寒いんじゃない?長いのにしたら?」と
また、分かったようにお話するんだよね。
そう言うところが何だか、好きだったりする

「ほら、rin*ちゃんは長いのはいてるよ?」って長靴を見せてくれる。
この時期、いつ雪が降るか分からない地域なので、娘はいつも長靴。
可愛いブーツを買ってあげたいなって思ったけれど、実用性を取った
実際、保育所で、雪遊びやお散歩にいつ出掛けるか分からなくて、
長靴もよく汚して帰ってきたりするから、長靴で正解

再び、お外に出たら、「すごい風~!」って二人で大笑い
「rin*ちゃん、飛ばされないでね~。」って私が言うと、
「大丈夫、rin*ちゃん、長靴はいてるから!ママも大丈夫でしょ?」
…小さいから心配しているのに、自信満々に答える娘に思わず笑っちゃう

こんな強い風の日も、娘にとっては楽しくて仕方がないみたい
母の心配をよそに、「きゃはははは~、飛ばされるぅ~。」って
無邪気に笑い転げる娘を見ると、私まで明るい気持ちになるから不思議


いつもママのほっぺにちゅってしてくれる娘。
「ママも、ちゅってして~。」っておねだりされると嬉しい
この日も、保育所に着いて「ママの宝物のrin*ちゃ~ん。」と
呼ぶと、「は~い。」と手をあげてお返事。
違う名前で呼んだりすると、
「rin*ちゃんはママの宝物なんだよ!」って怒ります

ぎゅっと抱きしめて、「ママにちゅうは?」と聞くと、
「だって、ママ、お化粧したでしょ~?味するも~ん。」
とお口を押えて楽しそう
しかしながら、娘さん、実はママがお化粧しているかどうか、
実は分かっていません
(恥ずかしながら、普段から、あまり化粧っ気のないもので…)

だって、朝はそう言いますが、帰ってくるとお化粧に関係なく、
ちゅっ、ちゅっとするんですもの
…まさか、化粧が取れかかっているから???

「ママ、お化粧した?」と聞いてきて、「うん、したよ。」と言うと、
「わぁ~、可愛い。」とニコニコ
…ん?分からないんじゃないの?と思いつつも、
そう言ってもらえると、ちょっと嬉しい単純な母です

娘は、ママに似ているねと言われることもあるけれど、
基本、とってもパパに似ている!と私たちは思っています。
でも、娘は、パパに似ているねと言われると、怒ります
「ママに似て可愛いんだよ!」ですって
(ママが可愛いと思っているのは、娘だけですけど)

私も、かつて、父にそっくりだったのですが、
人にそう言われると、男の子みたいと言われているみたいで
すごく嫌で、泣いて怒っていたので同じです
今は、「お母さんにそっくりね。」と言われるくらい
母に似てきました…。
父に似ているのも嬉しかったけど、やっぱり母に似てきたのは嬉しい

いつか、娘も私に似てきたりするのかなぁ?

今は、ママと同じものを食べたい、同じことをしたい、
ママ大好きって言ってくれる娘
毎朝、髪を結う時も、
「ママと同じ髪型がいい~。」と言ってくれて、
「ほら同じだよ。可愛いよ。」って言うと、
にこにこしてくれる娘
(ちなみに、私は髪を結べるほど長くないし、
決して同じ髪型にはなりません。)

いつか、娘がもっと大きくなって、
ママが決して可愛いわけではない…ということに
気が付くまで、「可愛い!」という最高の賛辞に
浸っていたいなぁ~と思う今日この頃

ママにだけしてくれる特別な時間
お鼻とお鼻をちゅってさせて、直後何故か大笑い
何度もするのが楽しいみたいで、私も娘もお気に入り
きっと、見ているパパは何が面白いのか、何しているのか
さっぱり分からないと思うけど、
私にとっては、娘とのとっておきの幸せ時間


私に甘えている時は、そこまで感じなかったりするけれど、
娘がパパに甘えている時は、一言一言がものすごく可愛くて、
「わぁ~、なんて可愛いの!」ってきゅ~んとなる

主人に「可愛いなぁ~って思うでしょ?」って聞いてみても、
「別に。」なんてそっけない返事しか返ってこないんですが、
私がパパなら、絶対に「可愛い~」ってぎゅうってしちゃうよ

表面はそっけないけど、ものすごく愛情深いパパだから、
思うところはいっぱいあるんだろうけどね

昨日も、テレビを見ているパパのそばで寝っころがって、
「パパ、トントンして。」って甘えていたり

パパとお話している声が聞こえてきて、
「rin*ちゃんね、パパとママだぁ~い好きなんだよ。」
続きのお話はよく聞こえなかったけど、そのフレーズだけで
キュンとしちゃうんだよね

もともと、ハスキーボイスで、あまり可愛い話し方を
してくれなかった娘なので、最近、可愛らしい話し方を覚えたのか、
一生懸命話す可愛いお声を聞いただけで、「可愛い!」と
思ってしまう親バカの私です


日頃、感じていることをだらだらと書いてしまったけれど、
まとめて言うと、3歳児もやっぱり可愛いなぁ~
っていうことです



ちょっと前に保育所で、娘の作品展がありました~。
記録の為に、写真だけ載せておきまーす。

どっちも、真ん中が娘の作品。
お帽子に好きな色を塗って、飾りつけも頑張ったんだなぁって
思うと、見ているだけでほんわかした気持ちになりますね。

お顔もいつの間にか、上手に描けてるのにびっくり。
いつもは、激しい色合い&お顔が多いので、
本当に娘の作品なのか、何度も確かめてしまいました



春になって、年少さんになっても、
保育所での生活をたくさん楽しんで欲しいなぁ~
  1. 2013/03/01(金) 17:00:13|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。