kirari* ~私のちいさな宝物とハンドメイド~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産祝い(女の子服)

久しぶりの更新です~
ちょっと、いろんなことがあってバタバタしていて、ブログ更新出来ませんでした~
更新していない間も、遊びに来てくれたり、心配してくれたお友達、ありがとう~
私も娘も、毎日元気に過ごしています

いろいろ書きたいことがたくさんあって、何から書いたらいいの~って状態ですが
頑張って、更新していきます

久しぶりだから、ハンドメイドの記録からいこうかな

大学時代のサークルの後輩が二人目を出産したという連絡があり(7月の終わりに…)
初めての女の子なので、お洋服をプレゼントしようと思って、ちょこちょこ縫っていました

すごーく時間が掛かって申し訳ないのですが、許してくれるかな?
私が手作りなんてするイメージないと思うので、びっくりするかもしれません

春になって暖かくなったら着て欲しいなぁと思って、
ベビ服ではなくて80サイズのお洋服を作りました~


まずは、以前にもお祝い服で作ったPattern LabelさんのベビーTシャツ


ねこさんの20双糸天竺 モクスター(アプリコット)

洗濯後アイロンをかけていないので、ちょっとしわが目立つ…。
ついでに夜に写真撮ったので、ちょっと暗めです

このモクスター好きです
優しい感じのお色で、肌触りも良いし
前もこのモクスターとベビーTシャツの組み合わせでした…色違い
いいの、彼女たちはお友達だから

これからもお祝いと言ったら、この組み合わせで作ってしまいそうです

…と言っても、実はこのパターン、娘に着せてみたことがないので、どのくらいの大きさなのか、
形はどんな感じなのか、分からないのですが…
でも、パタレさんなら間違いないかな?きっと、着心地も良い形なはず…。
今度、聞いてみますね

ベビーTシャツのネック部分は、今回も左の肩開きタイプで、テープスナップをつけました。
これでベビちゃんのお着替えもしやすくなるといいなぁ~

もう一つは、Mahoe Anelaさんの【2way】ふりふりかぼちゃパンツ
前から作ってみたかったの~
贈り物なのに、初めて作ったお洋服でごめんね…。(こんなのばっかりです)


生地は、スカート部分がSMILEさんの30/コーマスムース/フルール/ローズ
パンツ部分は、オーガニックコットン/ミニ裏毛/イチゴミルク
       40/-オーガニックコットン/スパンテレコ/イチゴミルク

春先から着られるような生地を選んでみました

ふりふりは、花柄がいいかなぁ~と思って、生地山から探していたんですけど、
ベビーTシャツのモクスター(アプリコット)のお色になかなか合うお色の生地がなかった~

大好きなSMILEさんのフルールでふりふりを作りました~

このパターンに合うレースの幅はどんなものがいいのか、分からなくて、
shopのサンプルをじぃ~っと見て研究しましたが、結局店主さんに聞いちゃいました。
coconeさん、とっても丁寧に教えてくださって、すごく嬉しかったです

どのパターンも資材も可愛いだけではなくて、とっても使いやすくて大好きなのですが、
今回のことでもっと大好きになっちゃいました~

同じように悩んでいる方がいらっしゃるかもしれないので、ご参考までに
coconeさんにお聞きした事をここに書かせて頂きますね

ふりふりスカートのレース巾を15mm巾くらいが丁度いい感じだそうです。
レースを表地の上にのせて縫いつける場合と、レースと表地をロックで接いで縫い合わせる場合の2通りの付け方どちらの場合も、5mm~8mmくらいの縫い代をとって、スカートの端から10mm~7mmくらい覗いているくらいが理想的とのこと。

縫い代は、その時に使うレースの柄などにあわせて都度変えられているそうです。
お客様の中には25mmくらいのレースを使ってみえる方もおられるそうですが、
その場合はスカート丈が長くなってしまうので少し注意は必要、とのこと。
coconeさんがよく使用されるのは10mm~15mmのレースなんですって。

パターンにぴったりなレースを探したりするのも、私のような初心者には結構難しくって、
こうやって教えてくださると、本当に有難くって…
coconeさん、ありがとうございました~

そのうち、coconeさんおすすめの、良質なレースを取り扱われるそうで、すごく楽しみです

K*mamaちゃんやちるさんmadeのお洋服があったり、
(その他にも人気ブロガーさんの素敵なお洋服や小物がたくさん)
petitママもPatternモニターをしていたり…とっても憧れのお店でもあり、
覗くたびにワクワクします

可愛くっていろんなパターン持っているのですが、なかなか時間が取れず、
今の所、シンプルラグランと女の子タートルしか出来ていないけど
とても着させやすい形で、すごく可愛いんですよ

きっと、このふりかぼも、はかせやすくて可愛い形だと思います!
ちょっと手間が掛かるけど、娘にも作ってあげたいなぁ~

こんな感じの上下になりました~



誰かに贈り物をする時は、いつもドキドキ
ベビちゃんのお顔は、お写真でしか見たことがないので、
どんなお色が似合うだろうか、ママはどんなタイプのお洋服を着せたいだろうか…
すごく悩みながら作っています。

彼女のイメージは優しいブルー。
でも、初めての女の子の赤ちゃんなので、ピンクでまとめてみました
彼女は、とても美人さんで、ご主人もすごくカッコいい方なので、
きっとベビちゃんも美人さんになるんだろうなぁ~。

いつか、会いに行きたいです

どんなお洋服にでも合うように、シンプルに作りました。
お背中に可愛いタグをつけて、サイドにもC&Sさんのお人形のタグ(マーガレット)
ふりかぼの前印には、プチリボン。


あとは、お洋服に合わせて、ベビーブーティ。



表は、モクスターと、bichetteさんのキルトニット/フレーズ/苺ミルク
裏は、SBさんのキルトニット コロン スモーキーラベンダー

本当は、リボンとかボタンとか飾って、お靴のようにしたかったんだけど、
リバーシブルで使えるので、お好きな方を使ってもらえるようにそのままに

それと、chikuchikuhappyさんの無料パターンで、スタイを作ってみました



可愛いベビちゃんとの時間を楽しんで欲しいなぁ

ちょっとたたみます。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 16:30:34|
  2. ハンドメイド(こども服)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

兄のお誕生日と6回目の結婚記念日(今年は覚えてた!)

11月3日は、兄のお誕生日でした~
とは言っても、その日は文化の日で祝日なので、会っておめでとう~って言うこともないけれど
いつもは、メールもしくは電話して言っていたのですが、お互い照れくさくて1分持たないんですよね…。

今年は、何となく兄を喜ばせたい気持ちになって、前日ちょっと外出した際にケーキを買って、渡してみました
どんなケーキが好きだったか、ちょっと思い出せなくて残念だったけど、
食いしん坊の兄は、きっと旬なものが好きだから、モンブランを選んで…

兄は、照れくさかったのか、「こんなのもらったら、来年のri*aoさんのお誕生日に何を返せって言われるか、怖いわ~。」と笑っていたけど

ブログ見てみたら、去年は、尊敬する兄への思いを書いていました
いつまでも、元気でいて欲しいなぁって、そう思います


お互い家庭を持ってから、お誕生日を一緒にお祝いすることはなくなりました。
母や父のお誕生日も、それぞれにお祝いしてあげるような形。
両親と兄家族は2世帯で住んでいるので、当日は、皆で一緒にお祝いしているみたい。

結婚した当初、今までは、私もその場所にいたのに、自分だけが一緒にお祝いできなくて、
淋しくなったり、何だかちょっと拗ねた気持ちになったこともあったけれど、
今は、そういう日も、「今頃、お祝いしてるのかなぁ?」って温かい気持ちでいられるようになりました
(多少、いいなぁ~とかって気持ちになったりするけれど

それって、私にも居場所が出来たってことだなぁ~って思います

少しずつ、少しずつ縮まってきた主人の実家との距離
それは、陰ながら私を心配してくれていた母のおかげでもあります

当然、自分の実家の方が行きやすかったりもして、いろんな問題が起こるたび、
正直な所、どうやって距離を縮めていけばいいのか、すごく悩んだ時期もあって…。

母は、もちろん、私の気持ちも聞いてくれるけど、
私がこの先、嫁いだ先のご家族とうまくやっていけるように
どんな時も、相手のご家族を立てるようにしてくれていました

私が実家に通いすぎだと思えば、私が来れないように断ってくれたり、
主人の実家にも行けるようにアドバイスをくれたり

そんなことすら、最初は分からなくて、母が最近、冷たい!って不満に思っていたりもしましたが

母は、結婚前にこんなことも話してくれました。
「結婚したら、母と娘のパイプを細くして、旦那さんとのパイプを太くしていきなさい。」

結婚してからしばらくは、互いの実家から遠い場所に住んでいたこともあり、
何でも主人と相談して絆を深めてきたように思います
でも、それと同時に、母は、主人の家族も同じように大切にすることを教えてくれたように思います


私自身も、主人の愛する主人の家族を大切にしたくて、義母とよく長電話していたりしましたが、
何だか、それを母に後ろめたく思って(母が心のどこかで淋しいって思うんじゃないかと思って)、
母には秘密にしていたり、ごまかしたりもしてました

お互いを思いやってるからこそ、微妙な母と娘の距離もあったりして。
バランスを取るのがすごく難しかったなぁって今、思います。

でも、そんな母の思いやりのおかげと、娘の存在もあって、今の私がいます
義母も、こんな私をいつも温かく迎えてくださって、本当に感謝しています。

私の居場所は、皆の愛情で作ってもらってるんですよね


両親と兄家族が、楽しくお祝いの食事をしている頃、私たち家族は主人の実家で賑やかに過ごしていました

イタリア留学していた義妹夫婦ですが、義弟の仕事の都合で一時帰国してきました~。
慣れないイタリア生活で、特に義妹は話せなかったので、とても苦労したようですが、
二人とも元気そうにイタリアでのことを話してくれたのでほっとしました

ふふふ…イタリアのお土産頂いちゃいました



リゾット作るレトルト?とか、チーズとか、バルサミコ酢とか、
栗のペーストとか、お菓子とか。
バルサミコ酢、大好きだから、すごく嬉しい~

この小さな時計は、娘用。
色とりどりで可愛いし、お勉強にもなるかな?って
ありがとう~

しばらく、日本でゆっくり過ごして行ってね~


そして、兄のお誕生日の次の日は、私たちの結婚記念日(6回目)~
忘れるはずないんだけど、去年忘れていた私

次の日お休みだし…って前日珍しく、パソコン見て夜更かししていました。
ちょうど、日付が過ぎた頃、主人が後ろからぼそっと、
「ri*aoちゃん、結婚してくれてありがとう。」

驚いて、慌ててお返事した私
覚えていたけど、またもや主人に先に言われちゃいました


以前にも私たちの出会いを書きましたが、主人とは中学時代の同級生
その時は、とても恋多き少女だった私…お勉強が出来る人、運動神経のいい人、カッコいい人、
そんな人ばっかり見ていて、全然、主人の魅力に気が付いていなかったけど、
いつもそんな私のそばにいて、黙っていろんな話を聞いてくれた主人

一緒にいて落ち着くし、本当の自分をさらけ出せる相手。
懐かしい感じすら感じていた…今思うとね
もちろん、その当時は全く気が付いていなかったけど~

あの時感じた安心感や懐かしい感じこそ、今につながる何かだったのかな

お互いの欠点もいっぱいあるけれど、それも含めて大好きで大切だと思える相手。
優しくて素直な主人のことがとても大好きだし、一緒にいられて私は本当に幸せ者です
これからも、こんな私をよろしくお願いします

そんな6回目の結婚記念日も、主人は午前中お仕事。
娘と二人まったりと過ごしていたのですが、愛犬COCO(小次郎)もこんな感じで日向ぼっこ

いつもはお部屋には、あんまり入れてもらえないけど、こんな時だけは特別に
日向ぼっこ大好きな小次郎は、ご機嫌で幸せそう



午後からは、皆で遅めのランチ
パスタとか、ピザとか、ビュッフェのランチ。
特に記念日らしいことはしていないけど、家族一緒に過ごせるだけで幸せだね

「今日はパパとママの結婚記念日なんだよ~。」ってパパが言ったからかな?
娘が車の中でこんなことを言ってました~
「rin*ちゃんも早く結婚した~い。」

ちょっとびっくりして、「rin*ちゃん、誰と結婚するの?」と聞いたら、
照れて笑う娘…答えをドキドキして待つパパとママ…

「rin*ちゃん、ママと結婚したい~。」(何だか嬉しい)

パパは、娘が大好きなお兄ちゃんの名前を言うんじゃないかと思ったみたい。
私は、お兄ちゃんか、パパと答えると思ってました~。

すごく照れくさそうに笑っていたので、本当は、お兄ちゃんの名前を言いたかったのかも?
最近、「rin*ちゃん、〇〇君に、早く会いたい~。」って思い出したように言う娘
自分が頑張ったこと、痛かったこと、楽しかったこと、全部「〇〇君に言う~!」ですって

初恋の相手に会えなくなって半年が過ぎても、一途に思い続けているrin*でした


結婚ってどんなことか、まだ分かっていない娘の一言でしたが、
私にとっては、何だか自分を選んでもらったみたいでとっても嬉しい一言でした~

ホントはね、娘が出来てから、「いつかきっと、『パパと結婚する~』って言ったら、どうする?」なんて会話をよくしていたんです
そしたら、「そしたら『パパとは結婚できないんだよ。パパはママと結婚してるから。』って言う!」と言っていた主人。
そう言ってほしいなぁ、なんて思っていた私。

でも、私、自分が言われて思いました。
娘にそんなこと言われたら嬉しすぎて、「結婚できないんだよ?」なんて絶対に言えない~って

それぐらい嬉しくて、その後も、娘が「ママと結婚する~」って言ってくれると抱きしめちゃいます
「うん、しようね~」ってニコニコしてるのは、パパに秘密です

いつか、本当に好きな人が出来る時まで、ママの小さな恋人でいてね
  1. 2012/11/09(金) 17:00:48|
  2. 記念日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:24

スマイリーリュック & お弁当袋 & お菓子袋(遠足用)

すっかり寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしですか

とても寒がりな私は、家では、娘と娘のぬいぐるみを抱きしめてじぃ~っとしているので
どんどんミシンから遠ざかってしまいそうです…

秋冬服が足りている & 園児服を着ていてやる気が出ない…なぁ~んて言い訳はしないで、
半袖を最後にストップしている娘のお洋服をそろそろ作ってあげたいものです


先日、娘による『パパはママが嫌い?』事件を書きましたが、
娘には、ママの気持ちが手に取るように分かるのでしょうか。
なぁ~んとなく、ママに対していつも上から目線の娘さん

先日のお休みも、娘とのお話の途中で、
「ママ、rin*ちゃんのこと大好きなんだよ?ママrin*ちゃん大好き~。ねえ、大好き~。」って言い続けていたら、
(しつこい?でも、TVを見ていて、聞いてくれてなかったんですよ~)
「わかった!分かってるってばぁ!もう、rin*ちゃんだってママ大好きなんだからね。」
って面倒くさそうに頭をポンポンと叩かれて、抱きしめてくれました

いつも、「おいで~」って抱きしめてくれて、
「ほら、ママ大丈夫だよ?rin*ちゃんがいるからね、怖くないよ。」って言ってくれたりする優しい娘
ご機嫌な時は、ほっぺにちゅってしてくれることも
こんな時、すご~く癒されたりします

ちょっと立場逆転?って思いながらも娘に甘えさせてもらっているみたいで
結構、こんな感じも気に入っている甘えん坊のママです

いつも娘を抱きしめながら言ってきた言葉「rin*ちゃんはママの宝物。」
その意味が分かるようになってきたのか、その言葉をすごく気に入っているようで、
叱ると、いつも泣きながら、「rin*ちゃんはママの宝物なんだよ~。ママだいしゅき。」って言ってくれます。
同時に「ママもrin*ちゃんの宝物だよ。」って声を掛けてくれて、それがたまらなく嬉しい

娘とラブラブべたべたさせてもらえる時期がいつまで続くか分からない。
今という瞬間を大切に、娘を抱きしめていたいなぁって思います


さて、そんなママの宝物の娘さん、火曜日に初めての遠足がありました~
本当は、昨年もあったのですが、ちょうど家族旅行の日と重なってしまって
参加させてあげることが出来なかったので、今年こそ!と張り切ってました

なのに、取り掛かるのが遅くって、娘にも秘密で作りたかったので、何日間か寝不足で頑張りましたよ~。

まずは、RickRackさんのスマイリーリュック



細かい個所以外は、見本そのままになっちゃいました~
本当はピンク系で、リバティ使っちゃう?なんて考えていたのですが、
RickRackさんのリュック付属セットのお色も限られていたし、この生地の組み合わせに心を奪われたので、そのまま作らせて頂きました~

表布:ノスタルジア【スカーレット】 裏布:RRギンガム【トマト】
内側のバイアステープもRRギンガム【トマト】

結果、ものすごく可愛くってお気に入りのリュックが出来上がりましたよ~
娘からも、「お花のがいい~」ってお願いされていたので、気に入ってもらえたみたい

外ポケットには、リボンのレースモチーフと、C&Sさんのお人形のタグ(Daisy)犬のをつけて


持ち手もしっかりしているし、内側にもポッケが2つついていて使いやすそう

金曜日の夜、娘と主人が寝てから作り始めて朝方まで頑張ってみたけど出来上がらず、
次の日は1日夜遅くまで外出していたので、結局2晩ぐらいは掛かってると思います。
RickRackさんの仕様書は写真入りでとても分かりやすく、
このスマイリーリュックも特に難しい個所はないのですが、思っていたより時間掛かりました

そして、途中、寝ていた私…寝ながら縫っているので、かなりガタガタの仕上がり…
もちろん、やり直す気はありませんでした~。
やはりぎりぎりになってから取り掛かるものではありませんね

それでも、出来上がった時は何だか嬉しくって、大満足でした
遠足前日の朝、娘に見せたら、すごく喜んでくれて、
何度もチャックを開け閉めしたり、背負ってみて嬉しそうにしてました


肩ひもがずれ落ちないチェストベルトつきなので、すごく安心だし、
娘はそれが面白かったのか、触ってばかりいました
この時は、まだチェストベルトの位置は固定していません。

そして、まだ遠足の準備は続きます…
主人が休日出勤だったので、娘を見ていてもらうことが出来ず、
お休み中に仕上げることが出来なかったのでかなり焦っていたのですが、
お弁当袋とお菓子袋も持って行かせたかったので、前日慌てて作りましたよ~

Pattern Labelさんの入園・入学バッグセットのお弁当袋
少し小さ目で、幼児のお弁当箱が安定して入るサイズで、底も二重になっていたので。




お菓子袋は、snowwingさんのブログ配布の小さな巾着(まんまるきんちゃく)
前にお友達とお揃いで作った巾着は少し小さかったので、それより大きいものを。

生地は、娘セレクトのティーカップに入ったうさぎちゃんの水玉生地をどちらにも使いました~
お弁当袋の底部分は、RickRackさんのカラーリネン。
(リュックのファスナーの引手部分)と同じにしてみました

お菓子袋の片面は、リュックの内布と一緒のRRギンガム。
どちらにも愛用のお名前タグをつけて、横には、C&Sお人形のタグ(Kate)を挟みました


大きさは、こんな感じのお弁当箱とお箸箱を入れて、こんな感じ~

高さはまだまだ余裕がありそうだから、二段のお弁当箱でも、
お手拭入れや、フルーツを別の容器に入れて持って行っても大丈夫そう


前日の夜にやっと作り終えて、それから少しだけお弁当の下準備…
次の日は仕事だし、早起きしてお弁当作ると思ったら、ドキドキして寝られなかった~

献立や構図みたいなものをちゃんと考えていなかったので、
朝起きてから、どんな風になるのかドキドキしながら作りました~
実は、きっちり考えるのが苦手。心配性の割に、いつも土壇場まで動かない
そして、ぎりぎりになるまで悩むタイプなんです
悩みすぎて出来ない、とも言うけれど…

ただでさえ、お弁当作りに慣れていないのに、いつもより30分以上早く行かなくてはならないし…
さすがに今回はもう、間に合わない~!!ってきぃ~ってなりました

飾りつけのためののりをハサミで切っていくのですが、緊張で手が震えてしまって…
おめめを真ん丸に切ったり、お顔の細かい作業がなかなか出来なかった

その朝の私は、あまりにもぴりぴりし過ぎていて、
後で起きてきた主人や娘が可哀想だった程…ごめんなさい


前回の公園お弁当の女の子と同じにするつもりが前髪ののり忘れてますね
(今回の女の子、イマイチだなぁって思っていたのですが、今気が付きました)

そして朝、アクシデントがありまして…炊き上がったご飯がいつもよりかため…。
仕方がないので慌てて、水分加えて、電子レンジで温めて…
さらにごまかすためにご飯にかつお出しと梅を叩いてまぶしたおにぎりと
ケチャップライスのおにぎりの2種類に変更

その上に女の子のチーズの飾りと、ハムのタコさんの飾りを置きました~

それ以外に、
ふわふわ肉団子とブロッコリーの甘酢和え、たまご焼き、
ゆでたさやいんげん、ウィンナー(一応タコさんとお花にして)、
人参も型抜きして飾って、きゅうりの酢漬け、プチトマト、
煮豆、さつまいもとリンゴの甘煮。

娘の好きなものばかりを詰めました~



かなりぎりぎりになっちゃたけど、何とか形になりました~。
喜んでくれるといいなぁ
ブロッコリーとさやいんげんは、残されたら困るので、朝ご飯の時に
「お弁当にも入れてあるよ?食べれるかな?」って念のため食べさせてみました

普段なら嫌がるものも、きっと、遠足のお弁当となると特別なんでしょうね
にこにこの笑顔で「食べれる~。もう一回、ブロッコリー!」っておかわりしてくれていました

時間がないのに、どうしても写真を撮りたくて、お家の前でパシャリ。

チェストベルト、固定したのですが、少し上すぎたかな?
重みで後ろが下がっているからそう見えるのかな?

リュックの中には、レジャーシート、雨具、お弁当、お手拭入れ、お菓子、ハンカチ、ティッシュが入っていて、結構いっぱいになってました。

この日は、お洋服も全部ママのハンドメイドで揃えてみました~
ママ的にも、お気に入りのものばかりです

重い荷物を背負って、すごく嬉しそうなワクワクした表情。
ちょっといつもと違って、少しお姉ちゃんになったように感じました


今回作ったもの、集合~。
少しでも統一感を出したくて、少しずつ同じ生地や同じ色合いを使ってみました

そしてパパお気に入りの写真はこちら。



娘の遠足に出かける時の後ろ姿。
パパにもお出掛けする娘の様子を見せたかったんです

私も、この写真、好きです。
これからも、元気に出掛けていく子どもをただただ見守っていきたいなぁ

後日、パパが言ってくれたこと
「この写真好きなんだよね~。リュックもすごく可愛いと思う。可愛いだけじゃなくて、世界に一つしかないし…。」

そのあと、ボソッと
「時々、思うよ…rin*ちゃん見てると、ri*aoちゃんの子どもに生まれたかったなぁ、って。」

そんなこと思っていてくれてたなんて…

びっくりしたので、思わず、
「それじゃあ、〇〇ちゃんと結婚できないじゃん!困る~。」って言ったら、
「じゃあ、(私の)お父さんとすればいいんじゃない?」
「お父さんとお母さんは、きっと来世でも夫婦になりたいって言うから駄目だよ~。」
という会話になってしまったけれど

主人にそんな風に言ってもらえるなんて、やっぱりすごく嬉しかったです
これからも、ママとして頑張ろう!って思いました。

あ、でも、私はやっぱり生まれ変わっても主人と夫婦になりたいなぁ~
「生まれ変わってもまたri*aoちゃんと結婚したいな。」って言ってもらえるように奥さんとしても頑張るぞ~。


おっと、話がそれちゃった

娘は、お弁当、全部食べてきてくれました~
正直、ちょっと多かったんじゃないかな?無理しなかったかな?って気になっていたんだけど、
連絡帳で先生が書いてくださったこと。

(いつもは早食いの娘ですが)
「可愛くて食べるのがもったいなかったようで、ゆっくりと大切そうに食べていらっしゃいましたよ。
お友達に、女の子の飾りを見せて、『これはrin*ちゃんだよ~。』ってお話してました。
リュック、すてきすぎて…とっても嬉しそうなrin*ちゃんでした。」

保育所から出た時に、娘が言ってくれたこと
「ママ、rin*ちゃんぜ~んぶ食べたよ。美味しかった!ママ、お弁当作ってくれて、ありがとう。」

もう、そんなこと言えるようになったんだ~って思いながら、娘に言われて、とっても嬉しかったです
本当に頑張って良かった~


お家に帰ってから、お友達のお弁当と先生のお弁当はバイキンマンだった、とか
他のお友達のお弁当にはブドウが入っていたよ~とか教えてくれました。
とってもとっても楽しい遠足だったようです

リュックも先生方に大人気でした~
ちょっとぎりぎりすぎて大変な遠足準備でしたが、私にとっても楽しい経験になりました~。
また来年、頑張るぞぉ~
  1. 2012/11/03(土) 08:50:03|
  2. ハンドメイド(小物)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。