kirari* ~私のちいさな宝物とハンドメイド~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドルマンスリーブカットソー & 成長記録(2歳2か月)

新緑の美しい季節になりました~
木々たちがいっせいに新しい葉を出し始め、あっと言う間に伸びていく姿を見ると、
生きているなぁと感じます

いろんなものを同時進行に作ろうとしてしまい、なかなか進みませんが、
ゴールデンウィーク、少しは頑張らないと!

昨晩は、裁断済みだったこれを作りました~

petit etalageさんのドルマンスリーブカットソー



生地は、SMILEさんのニットパックに入っていた20/40ダブルフェイスニット(クリーム色)
          スパンフライスは、大好きなコロールのパンプキンレッドで。

それだけだと、ちょっとさみしいような気がして、SMILEさんでもらったサンプル生地とタグを組み合わせてつけてみました~。
こうして写真で見てみると、ちょっと野暮ったい??
実際見ると、もう少し、可愛い感じ…だと思います
C&Sさんのフランスのボタンもつけてみました。

どうでしょう?この形。着こなせてます?

本当は、とっても可愛い形なんですよ~。
でも、娘が着ると、ちょっと大き目なの?って感じに見えます。(実際、少し、大き目だけど)

本当は、もう少し、手を広げたところを撮りたかったんですが、朝の時間帯では無理でした

でも、優しいお色が春らしくて、いいかも。
娘も気に入ってくれたみたいで、この笑顔~
あ、でも、右の写真は、TV見て笑っているだけです



お庭の木々も、どんどん新しい葉っぱが大きく育ってきています

花水木の花(写真の左上)も、ジューンベリーの花(左下)も咲いたし、大好きなドウダンツツジ(下の真ん中)もたくさんの白い花をつけてます

調べていて初めて知った!
ドウダンって、漢字表記では「満天星」って書くんですね…何だか素敵

昔、実家の庭の真ん中あたりに、大人の背丈を超える大きなドウダンツツジの木がありました。
(私の結婚後、実家を建て替えた時に、建築会社さんの都合で、植え替え不可能になって、もらわれていきました…だから今はないんです。残念…

丸くカットされた、そのドウダンツツジが私は大好きで、春には白い花、秋には赤い紅葉を楽しみにしていました
冬は、雪囲いをしてあるので、木の根元だけが雪が少なくて、小さな私にとっては、そこがまるでカマクラのように居心地の良い場所になっていて、当時飼っていたビーグル犬と一緒にそこに入ってよく遊んでいたものです

結婚後、自分たちの家にも、大好きな木々を植えているのですが、
以前住んでいた家の時も、今の家にもドウダンツツジだけは、外せません


自分で木を選ぶ時になって初めて、ドウダンツツジが低木だと知りました。
うちの子たちは、まだまだ小さい木だけど、いつか大きくなってくれるのを楽しみにしています
娘と一緒に成長していって欲しいな


前々回の記事では、娘が自分でやらないで、人にやって~ばっかり言っていたのですが、
最近は、「何でも自分で!」の時期になってきました~

後ろに下がっているように見える時もあるけれど、進んだり、立ち止まったりしながら、成長していくんですよね
いろんな波があるけれど、どれも大切な成長の記録…私にとっては、宝物です

短い間に、またぐぐぐ~っと成長したように思います。

お話も一段と上手になり、歌もおどけて、わざと違う歌詞で歌ってみたりします
動物は、絵でも写真でも、実物を見ても何か分かるようになって、「猫ちゃん。わんわん。ぞうさん、きりんさん、ライオンさん…」と教えてくれたりします。
形(とか、〇△□とか)も認識して、手で形を作ってみたり、描いてみようとしています。
色もたくさん覚えて、「ピンクのとって~。」とか言ってます。

いつの間にか、言葉と映像が結びついてる!とびっくりしました。言葉が発達したのかしら?
私がぼ~っとして、育児記録を付けていない間に、娘はどんどん成長していきます
現在、2歳2か月(もう少しで、3か月)。

靴下も靴も、上着も、頑張って一人で着ようとしています
なかなか上手くいかなくて、「できない~!」って泣きべそかく時もあるけど、ね。

ご飯も毎日、「これ、いらん…」と文句言いながらも、「美味し~い」って残さず、ぴっかぴかにしてくれます
「これ食べたら、ゼリーあたるよね~?いちごももらえるよね~?」なんて、好きなものに釣られてる娘ですが

頑張ってお皿をピッカピカにしたり、お片付けや身支度を出来た時は、
「ねえ、ママ。rin*ちゃん、かっこいいでしょ~?」って得意気なお顔
「すごーい!かっこいいね~。」とほめると、何でも頑張って挑戦しています

お家では、「先生にもすごいね、って言われるね~?〇〇ちゃんにも言われるね~?」と言い、
保育所では、「すごいでしょ~。rin*ちゃん、ママ(パパ)に見せるんぜ~。」と頑張っているみたい。
たくさんたくさん、楽しみながら挑戦していってね


そうそう、大好きだったおにいちゃんの話は、あれから娘はしなくなりました。
こちらから聞くと、「だって、お電話かかってこないもん…」と淋しそうだった娘。
そのうち、他の子のお話が増え、〇〇君のお名前は出てこなくなりました。

そしたら、先日、ご飯をピッカピカにした娘が、突然、
「rin*ちゃん、カッコいいでしょ~?rin*ちゃん、〇〇君になるんぜ~。」とニコニコ

そのキラキラした目を見て、何だかほっとして嬉しくなりました
「そうだね~。〇〇君みたいに、かっこよくて優しい人になろうね!」

娘にとって、お兄ちゃんは、やっぱり特別だったんだなぁ~って思いました
娘から見て、何でもできる〇〇君は、かっこよくって優しくて、憧れだったんでしょうね
きっと、その優しさの種も、娘の中で育っていると信じています
お友達や小さな子にも優しくできるお姉ちゃんになって欲しいな。

朝、お出かけ前の一枚。
保育所の先生やお友達が大好きで、楽しそうに出掛けてくれるので嬉しいです



今日も元気に行ってらっしゃい
スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 22:07:01|
  2. ハンドメイド(こども服)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

nikoちゃんのぜいたくギャザースカート

久しぶりの更新です

先週、またもや風邪をひいちゃったみたいで
月曜日、仕事中も「なんだか、今日寒いなぁ~。」なんて、のんきに考えていたら、
車に乗った途端、急にぼぉ~っとしてきちゃって。
娘を迎えに行って、買い物までして…「あ、私、具合悪い。」と気づき…
お家に着いた頃にはふらふらしていて、その夜38度9分まで熱が出ました

インフル疑いの時ですら、37度台で止まっていたので、人生初の高熱。
その後、すぐに熱は下がったんですが、あまり無理しないようにハンドメイドもブログもちょっとお休みしてました~

身体が丈夫なのが自慢だったのに、最近、めっきり弱くなっちゃった気がします

先週は、それでも、病み上がりの身体で、仕事帰りに娘と二人、お花見に河川敷の大きな公園に行ったり、家族との時間を大切にのんびり(?)過ごしました~

河川敷の公園は、道沿いにも公園内にもずっと桜の木が並んでいて、とても美しい公園です
遊具も充実しているし、バーベキューの場所や、乗馬やテニスをする場所もあって、暖かい日には家族連れでいっぱいなのですが、さすがに娘と行った時間は、夕暮れ時の肌寒い時間帯だったので、人も少なめでした

保育所の帰り道なので、園児服の上にショールカラーコートを羽織って。
雨降りの日はまだ肌寒い日も多いです

例年より寒かったから、開花の時期がズレたおかげで、会社では、梅の木と桜の木が同時期に咲き、とても美しくて、癒されました~




今週、来てみたら、桜は散り、葉桜になってました~
それもきれいですよね

すっかり体調も戻ったので、週末は、次はどんな娘服を縫おうかな~といろいろ妄想してました

いつも作る時は、いくつも頭の中で同時進行してます。
どの生地で、どんなお洋服を作ろうか…すごく悩むけど、それも楽しい

何となく、このパターンで作りたいなぁって思っても、
生地を持って来て、娘の顔にあててみたり、持っているお洋服とのバランスみたり…
なかなかコレ!って思えなかったりする

裁断までが一番、時間が掛かるかも…。

でも、出来た時は、すごく嬉しいから、頑張っちゃうんですよね


今回作ったお洋服は、初めてのスカートです

いつもは、保育所向きではないし…と後回しにしてきたスカートを作ろうかなと思ったのは、
NICORI-NO-TANE のnikoちゃんが、なんと!ぜいたくギャザースカートのレシピを公開してくれたの

ぜひ、公開してねってお願いしておきながら、
なかなか作れなくて、遅くなっちゃったけど、nikoちゃ~ん、作ったよ~



HARUさんの生地。
たくさんある生地の中から、娘のお洋服に合いそうなものを選んでみました

この生地を裁断しようかな…と思っていたら、突然、娘がやって来て、
「ママ、このお花、可愛いでしょ?だから、これで、スカート作ってね。」って
お願いされたんです

今まで、生地を見て、「可愛いね~。」とか、「これ、rin*ちゃんの?」とは言ったことはありますが、何か作って、とお願いされたこともないし、ましてやスカート作ったこともないからびっくりしちゃって。
どうして、スカート作るって分かったの~???
何だか、ママ、嬉しい~

そりゃあ、頑張って作っちゃうよね


スカート初めてで、こんなにたくさんのギャザーも初めてだけど、
作っている最中から、「可愛い~」とテンションあがっちゃいました。
形がとっても可愛いの

裏ヨークもつけるので、裏から見ても、きれいな仕上がり。

この子、自立します



スカート広げたらこんな感じ~

今朝、出来上がりを見せたら、「わぁ~。」って喜んでくれました

早速、着てくれて、モデルさんに

ちょっとした仕草も女の子らしくなってきて、モデルさんも上手になったなぁ~


ラップルカットソーの丈が長いので、ちょっとバランス悪くて、裾を折り曲げて撮影したので、
時々、ぐちゃっとなってますが、気にしないでください

くるっと回るとふわっとなるスカート
回って~、と言うと、まわり始めた娘。
すっかり楽しくなっちゃって、いつものように踊り始めました

回りすぎて、目が回って、座り込んじゃったり



そして、いつものように、笑う、笑う…



そして、とっても楽しく遊んだ後に、スカートを覗き込んで娘が一言。

「ねえ、ママ~。ズボンは~?」

そうだよね
スパッツもはかなかったら、スカスカするよね

保育所には、いつものようにズボンをはいて行きました~

最後に、くるっと回った写真を一枚。



ちょっと下手っぴなので、布がつれちゃったりしましたが、
本当に可愛いスカートを作れて、大満足

nikoちゃん、ありがとう~
  1. 2012/04/23(月) 19:06:47|
  2. ハンドメイド(こども服)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

お花見 & 定番Tシャツ(甥っ子(弟)用)

ここ数日、すごく暖かかったので、桜も一気に咲き始め、日曜日には、お花見に行ける程になりました

午前中は、近所のお神輿が回ってきたので、娘を連れて、ご近所中を歩き回りました

普段は仕事をしているので、冬の間は、帰ってくると真っ暗になっていて、ご近所の方々ともお会いすることがないのですが、半年ぶりくらいに、ママ友さんたちとも話せて、充実したお休みになりました~

斜め向かいのお家のママさんとは、会うたびに話が弾むのですが、
最近は、娘のお洋服にも目を留めてくれて、褒めてくれるんです(嬉しい
よく聞いてみると、そのママさんは、洋裁の学校を出られたとか!
近くにそういう趣味のママさんがいらっしゃるって、すごーく嬉しい

娘も、そこの息子君(半年ぐらい年下)と、なんとなく、仲よくなれたみたいです

お昼からは、お花見に行きました~


「わぁ~、お花が咲いてるね。」と喜んでいた娘



いろんなことが分かるようになってきたので、いろんな場所に連れて行って、素敵な経験をたくさん!させてあげたいなぁって思います
今週は、両家のおじいちゃんおばあちゃんと、たっぷり遊んでもらって、大満足の娘でした(毎週のように会っているんですけどね
ゴールデンウィークには、ちょっと遠出もしてみたいかな~


同じような写真ばっかりでごめんなさい

さて、お休み中にちょこっと作ったもの

前々から作ってあげたくて、裁断済みだったTシャツ。
今度は、甥っ子の弟の方です。

hibi+さんの定番Tシャツを作ってみました
ピタッとした形で、ちょうど良かったみたい

生地は、ねこさんのCROWN CAP ベージュ。
しっかりとしたコーマスムースで、とっても着やすそう

義姉も、「前より完成度が上がっていて、手作りに見えないよ~。」と喜んでくれて、
すぐに着画を送ってくれました~

自分の作ったものを誰かが着てくれているって、すごく嬉しいことですね~
顔がにやけちゃいます。

とってもカッコ良くって、可愛い甥っ子たちにおばちゃんは、メロメロです


  1. 2012/04/16(月) 16:33:58|
  2. ハンドメイド(こども服)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

春のおすそ分け & 娘はかつての自分を映し出す鏡?

今日は気温が上がり、一気に春らしくなりました
夜には、雨が降るらしく、少し曇ってきましたが、桜もだいぶ咲きました~
週末、お花見出来るかな?

ちょこっと春をおすそ分け

目が痛くなったら、ごめんなさい

時々、太陽の周りにこんな風に虹の輪っかが出来ているんですよ。
綺麗な時は、とても綺麗な虹色に輝いています
今日もとても美しかったので、ついパチリと撮ってしまいました~

反射しているのか、輪っかの外に逆の輪っかが2重、3重になっている時もあります。
ぜひ、お空を見上げて見てください

会社の敷地に咲いている、野生の花たち
もっと、たくさんの種類があるのですが、小さな花たちを見つけるだけで、癒されますね



会社の小さな桜も咲き始めました~。
大きい桜ももうすぐかな?

そして、会社は田舎にあるので、ここに住んでいると思われるキジ
綺麗な色なので、きっと、雄なんでしょうか?
長い間、つがいでここに住んでいます



そして、昨日のレギンス、もう一つの方の着画です
あまり、変わらないので、いらないかな

何だか、今日は、ふふふ~(笑)と笑う、娘です




娘が保育所ではさみの練習を始めた、と先日書きましたが、
毎日、その成果?を袋に入れて持って帰ってきます。(ただの紙屑のようですが…

同じ絵柄がずっと印刷してある細長い紙を、おそらく、その絵柄ごとに切っていく練習なんでしょうね。
先生からの連絡帳には、「前日まで紙を引きちぎるように切っていたrin*ちゃん。『ちょっきん』ってするんだよ、と言うと、次の日には、ちゃんと出来るようになっていました!すごい!練習したのかな?」と書いてありました

袋を見比べると、確かに!
1日目は、引きちぎった感じの紙。
2日目は、細かく切り込みが入っている不揃いな紙。
3日目は、絵柄ごとまでいきませんが、少しまっすぐにちゃんと切れていました。

頑張っているのね~

…そっか! 
はさみってお家で練習しなきゃいけないのかな?
お家には子ども用のはさみがないんですよね。
それにちょっとはさみがあると、練習の間、ずっと見ていなくちゃいけないので、平日は、ちょっと大変かも
それに、大切なもの(生地とか型紙とか)を切られてしまいそうで怖いです
ちゃんと片づけておけばいいんですけどね~。

でも、ちゃんと買ってあげよう
それで、一緒にいろんなもの作ってあげよう。
そしたら、もっと娘の笑顔が見れるかな


それにしても、娘さん、私をちらっ、じぃーっと横から観察して、習得することが多いです。
きっと、これは、彼女の特技ね
いや、みんな子どもは、こんな風にして、見て真似っこして覚えていくのかな?


お箸の使い方も、変な持ち方をして食べづらい時、ちらっと私のやり方を見て、お箸の持ち方を直しているらしいです。
私は隣にいて見えないけれど、パパが前に座っているので、後で教えてくれました。

それで、いつの間にか、ちゃ~んと使えるようになってました
保育所でも、教えてもらっているというよりは、勝手に遊びの中で学んでいる、という感じ。


そう言えば、この間、私が型紙&糸切っている時、そばでじぃーっと見ていたっけ
あと、キッチンでも後ろから視線を感じてたら、「ママ、それチョッキンしてるの?」と聞いてました。
きっと、使い方をこっそり見ていたのね


ママからは、あんまり教えたりしないから、きっと見て覚えているんでしょうね。
そういう意味では、あまり手のかからない子なんですが、逆に、こちらが教えたり、彼女のしている傍で手を出すと、怒り出します
だから、危なくないか、だけ見て注意したりするようにします。

きっと、その子なりの成長の仕方、覚え方があるんだろうなぁ。


見ていると、やっぱりこの子は、私に似ているなぁと思います


連絡帳には、もう一つ、面白いことが書いてありました。
「rin*ちゃんは、お散歩の時に、『靴下はけな~い!』とか「rin*ちゃん、靴できない!」と言っていたのですが、先に準備のできたK君が靴を履きやすいように開いてくれて手伝ってくれていました。」

まるで、その様子が目に見えるようです…

K君は、4月生まれで、2月生まれの娘よりお兄ちゃんですが…してもらってるの???
娘は、誰かがいると、甘えなのか、すぐに「出来ない!」と言って諦めて、自分でしようとしません。
遊んでいても、ちょっと飽きっぽいような…(ここは、パパ似だね!)
私は、一つのことを諦めずに、飽きもせず、ずぅ~っとする子だったので(…と聞いてます)

でも、自分で何でもする、というのではなく、いつの間にか人にやってもらっている、そんな所が私にそっくりらしいんです…

私も小さい時、上着のチャックを閉めれないと、閉めてくれる世話好きな優しい女の子の所に行って、さっと閉めてもらい、まるで自分で出来たかのような顔で立っていたそうです。
その子だけではなく、その場所や場合に応じて、してくれる子を上手に見つけて、母曰く、「まるで女王様のような」態度だったようで…(どんな子なのよ…

更には、「何故か、皆が先を争って、あなたの世話を焼きたがっていたのが不思議だわ…。rin*ちゃんの様子を聞いていると、ホントにママにそっくりで、怖いわぁ。」と母に言われちゃいました


ええ、私も、私に性格がそっくりな娘なんて怖いです
私は、昔、自由奔放で、怖いもの知らずの我儘な娘だったので、人を振り回すことも多かったと思います…(反省)
主人のこともよく振り回していました…あ、今もか
でも、有難いことに、いっつも家族や多くの友達が私を助けてくれていたなぁって思います



母が以前言っていたように、「目の前にいる娘の姿を通して、過去の自分の姿を振り返り、反省することが出来る」って本当にそうだなぁって思います

娘のことを話すことで、両親から昔の私のことを聞くことが出来て、過去の自分の姿を知ることが出来るし、反省するだけでなく、両親や祖父母がどんなに大切に育ててくださったか、ということを改めて感じることが出来て、感謝の気持ちでいっぱいになります


この子は大きくなったらどんな子になるんだろう?
家族やお友達、大切な人に対しての思いやりの気持ちを忘れない、そんな優しい子に育ってほしいな、と思います

そして、いろんなことに挑戦していって欲しいなぁ~。

大きくなったら、その時々に合わせて、ママの経験を、素晴らしいものだけではなく、失敗談、苦労話もしてあげたいなぁ~って思います。
大きくなってから、振り返ってみて、こんな反省したんだ~…ってことも含めて。


(おまけ)
会社の休み時間にちょこちょこ作っています。
娘用の小さなパッチンピン。リバティで作りました~。
手縫いでちくちく…作り方はマカロンケースに似ているかも


  1. 2012/04/13(金) 22:50:15|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

娘用のレギンス(レッグウォーマー風)

今日は、とっても穏やかなお天気
こういう日は、どこか遊びに行きたいよ~
…と言っても、お仕事なので、お昼休みに少しだけ外に出て、日向ぼっこ。

大きな木の桜はまだ咲いていないんだけど、
会社にある小さな桜が少しだけ可愛いお花を咲かせていた~

その木の根元には、野生?の水仙。
他にもたくさん小さなお花が咲いていて、写真を撮ろうと携帯持ってきたけど、
日差しが強すぎて、全然、うまく撮れない…

でも、お花が咲いているのを見つけただけで、ちょっと幸せになれるんですよね


やっと、ミシン出来た~
娘が途中で起きてしまったり、なかなか寝なかったり、タイミングが合わなくて、
ミシンかけられなかったんですよね。

昨晩は、そこらへんで寝ていてもかなり熟睡していて、ミシンの音にも全く反応しなかった

もっと、春らしい可愛いお洋服、たくさん作りたいんですが、
ずっと前から裁断していてほったらかしにしていたレギンスを2本仕上げました


たいしたものでは、ないのですが、一応、記録です

どちらも、アンの木さんのレギンスで、レッグウォーマー風です
もう少し、時期が遅かったら、着れなくなっちゃうところでした~

まずは、シンプルにこちら。



スムースとアランで。
これなら、いろいろ使えるよね

前印に、ウエスト部分に、リバティプリントテープ Timonel(あずきミルク・グレイッシュピンク系)をちょこっと挟みました…でも、ちょっと小さすぎたかな?


そして、もう一本も同じです。

こちらは、SMILEさんのヨリ杢天竺ニットかな?と、ねこさんのボーダーアラン。
ヨリ杢天竺、柔らかくって色合いが好きだから使っちゃったけど、レギンスに使う生地じゃないかも。
分からないまま使っちゃいました
     


こちらは、前印にリバティプリントテープ Timonel(ピンク・赤系)を挟みました。
そして、この間のスキニーデニムで作ったレギンスと同じく、またもやポッケ風に、おまけでもらったお花のレースを

切り替え部分には、分かりづらいけど、レースとボタンで飾りつけ

写真撮っていませんが、この間のスキニーデニムレギンスから、ウーリースピンを使ってます
これで、ガンガンはかせても大丈夫なのかな?
それ専用の押さえとかなかったけど、押さえに丸い穴が開いていたので、
そこに入れて、縫い目に挟み込むことが出来ました~。

これにはまりそうです(K*mamaちゃんと同じ~


そして、いらないかもしれないけど、着画です~

アンの木さんのパターンは、余裕があって大き目と聞いていたので、
レッグウォーマー風だし、80㌢で作ってみました。
だから、あんまりレッグウォーマー風になっていないかも。



おむつっ子だから、いいけど、やっぱりおしり部分は余裕があります。
この上にかぼパン着せてみたら、もたついてイマイチでした。
もっとピタッとくるレギンスが欲しいかも。

座り方に指示出したら、ちょこっと怒っちゃいました

でも、すぐに機嫌が直って、この笑顔です

こんな着画で、着た感じ、大きさとか長さとか分かりますか?
あ、娘、今身長いくつかな…81くらい(違うかな?)で、足がかなりむちむちな子です


  1. 2012/04/12(木) 15:34:54|
  2. ハンドメイド(こども服)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

進級式 & 公園遊び

私の住んでいる場所は、暴風後、雪がちらついたり寒い日が続いていたのですが、
ここ2、3日ようやく暖かくなり、春らしい陽気になってきました
気持ちも、うきうきわくわくしますね


土曜日は、入所(園)式&進級式がありました

一足先に12月から2歳児クラスに移動していた娘ですが、
同じ年齢のお友達が全員2歳児クラスになり、とても楽しそうです

私も同じ年齢の子たちも大好きなので、朝送っていくのがすごく楽しみです
皆だいぶんお話が上手になってきました。
私が行くと、わらわらと集まって来て、覚えたての言葉でたくさんお話してくれます

そして、娘は、ママとお友達がお話しているのをちょっと離れて、ただにこにこ笑っているのです
その娘の穏やかな笑顔を見るのが、実は好きだったりします


2歳児クラスになると、園児服を着て行くのですが、
私的には、どの手作り服を着せて行こうかな…という楽しみが減るので
園児服なくてもいいんですが、娘は大喜び!

少し、お姉ちゃんになった気持ちがするんでしょうね。
ずっと、園児服を着るのを楽しみにしていたようです
初日は、お家に帰っても脱ぎたくないと大暴れしていました

「Kちゃんはね、園児服ないんだよ。ないから、え~んって泣いてたんだよ。」と教えてくれたりもするので、園児服も成長の証として、大切なものなんだなぁって分かりました



あのお兄ちゃんとのお別れ後、ずっと娘はお兄ちゃんの話をしたり、電話をかける真似をしたり、「〇〇君、お休みだよ~。また、明日くるんだよね?」と言うので、私も笑って、娘に話を合わせていましたが、
電話で、「元気でね~。」と言ってみたり、少しずつ気が付いているのかなと思っていました。

進級式に参加後、なんと、そのお兄ちゃんが会いに来てくれました~
前年度、父母会の会長をしていたお父さんと一緒に来ていただけなんですが、
娘のところに真っ先に来てくれて、その時の娘の興奮といったら!

「きゃぁ~。〇〇君、rin*ちゃんのところにきた~!!」と大はしゃぎで、
何度も〇〇君に抱きついて飛び跳ねていました

でも、すぐに帰りの時間になってしまい、お兄ちゃんは先に帰ってしまい…
娘が、玄関でぽつりと「もっと、〇〇君と遊びたかった…」とつぶやいたのです

その悲しそうな顔を見て、「よし!追いかけよう!」と言うと、
「うん!」と大きく頷き、にこっと笑ってくれた娘と手をつないで、
駐車場を〇〇君とお父さんの姿を探しまわりました。

やっと見つけて、「ばいばい。また来てね!」と手を振ることが出来て…

たったそれだけなんですけど、やっと、娘がお兄ちゃんにお別れを言えたような気がしました
最後の日は、いつもと変わらないお別れだったので、娘には分からなかったんだと思います。次の日もその次の日も、きっとお兄ちゃんが来るって思っていたんだよね。


だから、お別れを言えて良かった~

やっぱりお兄ちゃんは、娘にとって大好きで特別な存在
だから、時々はお名前が出るけれど、前とはちょっと違うなって感じがします。

〇〇君、来てくれて、ありがとう~


娘は、ぐぐぐっとまた一つ、成長したような気がします
ますますおしゃべりになって、お歌も上手に歌って、自分の好みもはっきりしてきました。

自分でお着替えもしようと挑戦しているし、はさみの練習も始めました。
いろんなお歌を振り付きで、踊りながら歌えるようにもなりました

お家では先生の真似っこも上手にしています。

娘用の小さな椅子にくまさんを座らせて、絵本を持って来て、くまさんに話しかけています。
「(手を叩きながら)はじまるよ~、はじまるよ~。
(人差し指を口に当てて)しーしーはなし、しーしーはなし。
(絵本を見せながら)今日はこんなの持ってきました~。
これは~、(驚かせるように)おばけ~!!
(ほっぺに手を当てて目を真ん丸にさせて驚いた表情)こわ~い!」

これは、きっと、保育所で先生が子どもたちに絵本を読んでくれているのを真似しているのかなと思いますが、リズミカルに、抑揚をつけて、表情や動きもついているので、とにかく見ていて面白いんです

あ、でも、そのうち、家でのことを保育所で話したりするかもしれないから、
気を付けようっと


日曜日は、いいお天気だったので、パパと三人で公園に行ってきました

私が美容院に行っている間に、そこの近くの公園を偶然見つけたらしく、
二人は先にそこで遊んでいました

新しい遊具はないのですが、なが~い滑り台があって、娘はとっても気に入ったようです

結構、長いでしょ?
滑っている娘、小さすぎて見えませんね分かります?

下は、コロコロとしたもので、体重をかけると、ゴロゴロゴロっと滑ります。
娘は、体重も軽いので、ゆっくりとしか滑らず、全然進みません。



パパと二人で来た時は、何度か、パパとずっと一緒に滑っていたようです。

二人でいる時は、とっても仲良しなのに、
私がいると最近、「ママと~。」と言って、パパを押しのけたり、
パパが近くで見守っているだけで、「rin*ちゃん、一人で~!」と言って拒否します

パパが悲しそうな顔をするので、ちょっと可哀想です。
「分かったよ、パパ、もう何もしないから。」(…それは困るわ!)
「あぁ、2歳にして一緒にお風呂に入ってくれなくなった。」
とつぶやいているパパ…頑張れ!

きっと、ちょっと気まぐれな時期なんだよね?


「一人で行くの~」と怒って、滑り台までの階段を登り始める娘。
後ろから見守るパパとママの影

何だか、たくましくって、大きくなったな~って思いました


私と1回滑ってからは、慣れてきたからか、一人で滑りたがるように。

結構な高さと長さなので、見ている私はひやひやしていたんですが、
娘なりのペースで、黙々と真剣な表情で何度も滑ってました。(しかめっ面だし

私、一度娘と滑ったんですけど、これ痛いの!
何が痛いって、滑っているおしりと、手すりを持つ手にバチバチとすごい静電気が流れてくるんです
もともと、静電気すごくって、娘に触っただけでバチっと来るから、「いたい~。」って言われちゃうんだけど、私と滑っていて娘も痛かったんじゃないかな?

一人だと、娘はそんなことなさそうだし…
これって、おしりが大きすぎて、摩擦面が広いから?
それとも体重が重すぎて、スピード出るから?
何だか、ショックだわ

それからは、怖いので、娘の後をおしりではなく、しゃがんだまま靴で滑り、
スピード出過ぎたらぶつかっちゃうので、手すりをつかんでストップしながら、
娘と何回か滑りました

こういうのって、子どもがいないと、遊具で遊ぶこともないから、久しぶりに楽しかったかも

でも、何回か滑っただけで、次の日から肩と背中が筋肉痛です
歳&運動不足で、お恥ずかしいです…

そして最近、プリンを何回も作っていたからか、ドンと体重が増えていて、びっくり。
そりゃそうだよね…お菓子って、砂糖とかたくさん使うもんね…。
そして、娘にプリン、飽きられちゃいました

…痩せて、もっと体力もつけなきゃ



他にも遊具がたくさんあって、車の形したゆれる遊具に、
パパもママも乗って!と言われ、三人で…ゆらゆら。
壊れないのかな?
3人で遊具に乗っている姿っておかしいよね?と思いながら、楽しみましたよ。

ブランコに乗ったり、普通のサイズの滑り台も滑ったり…
普段見れない娘の成長を感じて、嬉しくなりました

普通のサイズの滑り台も登ると、私の身長より高い場所に立つので、
転んだらどうしようと心配になってしまったり…。
そこから、娘は、手すりも持たずにすごいスピードで滑ろうとするので、
身体を支えなきゃいけないし、目が離せませんね



棒切れを拾って、地面にお絵描きもしました
楽しいお休みになって良かったね

来週は、桜が咲いて、お花見出来たらいいな

  1. 2012/04/10(火) 15:56:23|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

レギンス & 娘と愛犬 & お兄ちゃんのこと & 初プリン & 鋏入れ

今日は、ものすごい強風で、音もすごいし、
車も横に押されるので、ちょっと怖いです
会社のガラスが割れ、大きな古い木が根元から折れて、建物に寄りかかってます
早く、春らしい穏やかな陽気になって欲しいなぁ~

お休み中も、ご機嫌元気な娘さん

実家に寄ったのですが、
またもや甥っ子とたくさん遊んで大はしゃぎ
歳の近いいとこがいるって、いいですよね~

両親と兄家族は、完全2世帯(?)で暮らしています
両親が1F、兄家族が2Fで、玄関からして別なのですが、中のドア一枚でつながっています。

父や兄が出張の時は、一緒に食事をしていたり、母が甥っ子たちの面倒を見たり、
誰か病気や怪我をした時も、助け合っていて、
お互いの生活を尊重して、思いやりある暮らしをしているのが素敵だな~と思います

私たちが遊びに行くと、甥っ子は急いで降りてきて、おもちゃを貸してくれます

今回は甥っ子のお医者さんごっこアイテムを借りて、診察で~す
他にも、甥っ子がたくさんおもちゃを貸してくれて、特にアンパンマンの運転できるおもちゃを気に入ってました

最近、運転するのが気に入っていて、車に乗ったら、運転席に座りたがります
この日もおもちゃのハンドルをくるくる回し、すごいハンドルさばきでした!



さて、お休み中に作った娘服…たいしたものではありませんが
アンの木さんのレギンス、ベーシック90サイズです

生地は、どちらもねこさん。
アラン風ニットの先染めボーダー 生成×杢グレー
スキニーデニム

この生地、すごくしっかりしている~。
先日作っていたベビーちゃんのモンキーパンツが可愛かったので、
同じ生地を使いました~



前後が分かりやすいように、
裾の方に色違いのちいさなバテンレース、上の方に、どこかのおまけでもらったお花のレースをつけて

バテンレース、出来上がってから、やっぱりつけたくなってしまって、手縫いで縫い付けちゃいました

それでは、着画です


ゴム、まだ入れていないのに、ちゃんと履けます

90サイズ、大きいかな~と思っていたのに、裾リブだし、そんなに長くないかも。
娘はむちむちしているし、生地もしっかりしているので、幅もちょうどいい感じ

着画と一緒に、愛犬COCOの登場です
シャンプーしてないから、毛がバサバサしてます

最近、ようやく仲良くなってきました
COCOは、子ども嫌いで、マイペースな子なので、仲良くなるのに時間が掛かります。

娘も大きくなってきたので、COCOを自由に歩かせても大丈夫になりました
娘もCOCOのことを分かっていて、「ガブするよ~。」と言って、
COCOの嫌がることはあまりしなくなりました

それでも、時々、COCOのご機嫌を損ね、威嚇&噛まれそうになると、
泣きまねをしながら、追いかけていって、「ごめんね、って言ってないよ~。」と言ってます
COCOは、犬だから、ごめんとは、言えないのよ~。

COCOを叱っていると、自分が叱られたと思って、
「こっちゃん、ごめんね。」とすぐに泣きながら謝っている娘
威嚇されても、めげずに、「おいでおいで~」と追いかけて行きます。

COCOも、娘が泣いていると心配そうに見ていたりして、
実はだんだん仲良しになってきたようです
もっと仲良くなれるといいね

おっと、着画の途中でした

座ったら、こんな感じです~。


娘さん、この着画の後、お熱が出ましたが、夜には下がり、
月曜日から元気に保育所に通っています

まだお兄ちゃんとのお別れが分からないようで、
食事の途中に、突然「〇〇くんがいい!」(…どういう意味?)って言ってみたり

保育所についた途端、
「〇〇君とお散歩行ったんぜ~。rin*ちゃん、〇〇君だぁ~いすき!!」と言う娘…。
思わず、娘を抱きしめて、「ママもrin*ちゃん、大好きよ」と言ってしまいました

「〇〇君、今日からいないんだよ。分かった?」と言うと、「うん、わかった~。」
と言っていた娘ですが、お迎えに行った時、いつも通りに玄関の方を覗いて、
「〇〇君(のおじいちゃん)、来るよ~。」と探していました
「〇〇君、いったっけ?」と聞くと、保育室の中をのぞいて、
「いなかった!今日、〇〇君、おやすみ~。」とにこっと笑う。

その様子を見ていた先生が、
「〇〇君、小学校行くんだって。…わかんないよね。何だか泣けちゃうね」って言ってくれてました。

帰りもずっと、「〇〇君、今日、お休みだよ~。明日来るんぜ~。」と言う娘。
あまりにも無邪気なキラキラとした笑顔でいつも話してくれるので、ほんとに切なかった

お別れの意味が分からなくて、ちゃんとお別れ出来ていない娘が、いつか、
大人の言葉や表情から、〇〇君の話はしちゃいけないんだ…と思って
黙ってしまうんじゃないかと思うと、それも嫌だな~と思います。

それが成長の一つなのかもしれないけれど、まだ2歳なのに、
そして、こんなに楽しそうなのに、無理に分からせたり、我慢させてしまうのは、
親としては嫌なんですよね。

お兄ちゃんの思い出をもっとたくさん、楽しくお話させてあげたい
だから、私もちょっと切ない思いは封じ込めて、娘に付き合うことにしました。

いつか、〇〇君がもう、保育所にはいない(来ない)ってことに気が付いて、
自然と他のお友達のお話ばかりするようになる日まで、
たくさん〇〇君のことを、笑顔でお話してあげよう!と決めました~
そう思うと、ちょっと気持ちがスッキリ

親の方が複雑な思いになるなんて、初めて知りました

娘は、この通り、無邪気な笑顔~
この笑顔をただただ守ってあげたいです



そして~、朝から踊る~踊る~



昨晩、初めてのプリンに挑戦しました~



え…茶碗蒸し?って思われましたか

そうです、茶わん蒸し用の食器です。
うちには、お菓子を作る器はないのです。
蓋を開けても食べてみるまで、茶わん蒸しっぽいですよね

今回は、蒸し器やフライパンも使わず、レンジ一つで出来る簡単レシピ
電子レンジで簡単!マグカッププリン+

ちょっとカラメルソース、失敗写真。
他のはもうちょっと焦げ目がついて、味もほろ苦い感じでした。

プリン大好きな主人と娘が喜んで食べてくれました
「おいし~い。プリンも外で買うの馬鹿らしいね」と主人。

もっと、たくさんお菓子作りの経験積んで、美味しいものを作れるようになりたいな。
今度は、違うレシピでプリン作ってみようっと。
…そして、また太る~

それから、最近アレンジメントを始めた母から頼まれた園芸用の鋏&ナイフ入れ
無料の糸切はさみケースのレシピを見て、それをサイズを変えて作ったものです。

作ってから、蓋があった方がいいかな、と思って無理やりつけたので、
ちょっと形も作りもイマイチかもしれませんが…

上手な人から見たら、「なぜ、こうなる?」って感じですよね
ホントに、家庭科とか苦手だったので、アレンジとか出来ないんですよ
誰か、教えてください



でも、蓋を開けたら、見えるように裏は、リバティのエミリー。
蓋の部分には、母のイニシャルと模様をステッチしました

本体部分は、厚手の接着芯が張ってあって、ものすごくしっかりしてます。
鋏はケース付きだけど、ナイフもいれるから破れたりしないように
でも、蓋を開けたら、見えるように裏は、リバティのエミリー。
蓋の部分には、母のイニシャルと模様をステッチしました

本体部分は、厚手の接着芯が張ってあって、ものすごくしっかりしてます。
鋏はケース付きだけど、ナイフもいれるから破れたりしないように
蓋部分は、キルト芯を挟んでいます。


実際に入らなかったら嫌なので、長さがはみ出しても使えるように、
ボタンにまわして留めれるように、刺繍糸にヨリをかけて、コードを作りました

見栄えはイマイチだけど、今日、母に渡してもらえるように父に託けました
使ってもらえるといいなぁ

新しい事へのチャレンジって、難しいけど、すごく楽しい
もっともっといろんなもの作っていきたいなぁ~

ちょっと今回、長すぎましたね
読んでくださってありがとうございました
  1. 2012/04/03(火) 14:33:58|
  2. ハンドメイド(こども服)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

お兄ちゃんとのお別れ

娘の大好きなお兄ちゃん、今週で、本当にお別れです

先週の旅行先でも、TVのリモコンを耳にあてて「うんうん、〇〇君?」とお電話している真似をしていた娘
今週は、最後の時間を楽しむかのように、べたべたしていたお二人さん


お兄ちゃんは卒園していて、自分のクラスがもうないので、
娘のそばに朝からずぅ~っといます

休み明けに、お兄ちゃんが「おはよう!」って走ってくると、
にこ~っと恥ずかしそうに何とも言えないいい笑顔で笑います


その日、おやつ後に、お兄ちゃんとごろごろ転がっていたらしく、
食べた直後だったからか、戻しちゃったようで…
その子のズボンもちょっと汚れて着替えたみたいです

うちの娘は、「今日ね、rin*ちゃん、ゲボしたんぜ~。〇〇君と一緒にしたん~。」と
ニコニコ話してくれました
お話の内容、ちょっと違ってますけど…

次の日、その子に「昨日、rin*ちゃんが汚しちゃったんだってね、ごめんね。」と謝ると、
「別に、いいよ~。」とさらっと許してくれました


そして、娘のほっぺをツンツンツンと指で3回ほどつっついて、
「風邪、うつすんじゃないぞ~」ってニコっと笑う
娘も、にこ~っと笑う…
まるで小さな恋人同士だわ~って私が照れくさくなってしまう程の優しいやりとり


帰り道は、待って~と慌てて追いかける娘を、外の牛乳箱に座って待っていてくれる〇〇君。
「てって、つながないと~。てってつなぐの~!」って泣いて怒る娘に
仕方がないな~というように笑って、手をつなぐお兄ちゃん

彼は、もうすぐお別れだということを知っているから、今週は特に、
ちょっと淋しそうで、そしてとびっきり優しい表情で、娘を見ていました
娘の身長と同じくらいにかがんで歩きながら、娘とお顔を寄せ合ったり


何とも切ない一週間。
大人はこの別れをただ見ているだけしかできません。
娘には、まだお別れの意味が分かっていないと思うから。


金曜日の朝、保育所に送りに行った私に、「今日で最後だからね。」と言った〇〇君
「そうだね、〇〇君がいなかったら、淋しいな。」と言うと、
「でも、月曜日からもまだ来れるじゃん!」と言った淋しそうな表情


そっか、きっと小さな頃から通いなれた、
大好きな保育所、先生方、お友達と離れるのが淋しいんだよね。
そして、新しい学校にわくわくしながらも、ちょっと不安なのかな?
そう思いました。


帰り際、どんなお別れになるんだろう…そう思いながらお迎えに行った私。
〇〇君は、先生方にちゃんとお別れとお礼を言いながら、少し泣きそうな表情


娘といつものように手をつないで、お外に出て、
ふざけながら追いかけっこする二人

娘にはお別れの意味が分からないから、一人とっても楽しそうに、はしゃいでいました


車まで送ってくれた、その子に、
「〇〇君、ありがとう~小学校でも頑張ってね!また、遊びに来てね♪」と言うと、
笑って、いつも通りに、「そんなこと言われなくても、また来るよ!」と言ってくれました

すごく切なくなっていたので、その子の普通通りの明るい笑顔と態度に救われました


あなたみたいな優しいお兄ちゃんに出会えて、娘は本当に幸せだと思います。

私も、初めて娘を保育所に連れて行った時から、
いつも優しく面倒を見てくれて、乱暴なお友達からもかばってくれた〇〇君がいてくれたおかげで、安心したし、毎日、一緒に成長していく兄妹のような二人の姿を見るのが本当に楽しみでした

こんな素敵な出会いがあったことにすごく感謝しています

本当にありがとう

保育所でのお別れと、小学校での新しい生活を経て、また一つ、大人になっていくんだろうな~。
そうぞ、いつまでも優しい心を忘れずに、もっと素敵な男の子に成長してね


また、会えるかどうかは分からないけれど、
いつか、また再会できるといいな~


娘は、お家でも、ご飯を残さず食べながら、「ぴかぴかにしたら、〇〇君に上手ってほめられるよ!」とにこにこしてました

そんな時、パパと私は、何だか切なくて、ただ笑うしかないけれど…
しばらくは、そんなことも続くと思います


でも、きっと、娘の心にも、お兄ちゃんからもらった優しさの種が芽吹いていることと思います。
明日から、もう、その子はいないけど、また新しい先生やお友達と、楽しい時間を過ごしてね
そして、今度は、他の子にその優しさを分けてあげられる女の子になってね
  1. 2012/04/01(日) 11:22:10|
  2. 成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。