kirari* ~私のちいさな宝物とハンドメイド~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

主人のお誕生日とお菓子づくり。

桜も咲いて
お出掛けとかハンドメイドとか
いろんなことしたいな~と思うけど、
毎日があっと言う間に過ぎていきます
なかなかブログも更新出来ないのがもどかしくって…

2か月目からちょこちょこ会社に顔出したり、
赤ちゃん連れてお仕事しに行ったりしていますが
最近、在宅での仕事をもらったので
そちらも忙しい。

会社での業務なら、そんなに苦にならない作業なのですが
赤ちゃんがいると、2,3時間集中して
PCに向かうのも難しかったりします。

最近、赤ちゃんの起きている時間も長くなってきて
起きている時は、私の姿が見えないと泣くし、
一緒にいても一人遊びしている時間は短くて
やっぱり一緒に遊んだり、抱っこして欲しいよね~
時間がある時に、お買い物やお料理とかしたいしね。
離乳食の準備もあるし。

結局、パパが帰ってきて子どもたちを見てくれている間に
お仕事したりするのですが、家族の時間が減っちゃうし、
パパへの負担も増えちゃうし、ちょっと悩みどころ。
しばらくしたら、やっぱり「まぁ~まぁ。」の泣き声が
今は、皆が寝てから夜中にお仕事することが多くなりました。
パパの仕事が忙しい時期は無理かもなぁ…。

それでも、1歳ぐらいまでは赤ちゃんと一緒にいたいので、
8月に仕事に完全復帰するまでは
家族のためにお料理したり、
家族との時間や主婦時間を楽しみたいなぁ~

仕事しているとゆっくりお買い物したり、
今日は何作ろうかな~って楽しんでいる余裕がなかったので、
今は本当にお料理するのが楽しい
もともと嫌いではなかったけど、
忙しいとちょっと面倒だな~って思っていたような気がする。

作る時間は変わらないけど、心に余裕があるからか、
家族の喜ぶ顔や驚く顔がみたいな~と前より思うようになりました。
そういうのって、やっぱりすごく幸せ

3月22日は主人のお誕生日でした
何作って欲しい?と聞いたら
「ロールキャベツ。」とのご希望。
麻婆豆腐作ってと言われるかな?って思っていたのだけど、
予想が外れました

今はあまり作っていないのだけど、
子どもが出来る前はよく麻婆豆腐を作っていたからか、
主人は私の得意料理を必ず「麻婆豆腐」と答えてくれる
結婚当初、彼はお豆腐をあまり食べてくれなくて
ご飯のおかずにならないから、好き好んで食べるものではないんだって。
でも、何とか食べて欲しくて作った麻婆豆腐は好評だった
彼に言わせると、私の作る麻婆豆腐は「麻婆肉。」らしい
フォードプロセッサーでひき肉を作ると
売っているものよりも大きめになって、
ごろごろしているから、お豆腐が目立たないみたい

結婚当初からの私の努力が実ったのか、
歳を重ねて食の好みが変わったのか、
子どもと一緒によく食べるためか、
当初苦手だったはずの大葉やお豆腐製品、
食べられなかったセロリまで食べてくれるようになりました
こういうのってすごく嬉しい変化

今回はリクエストされなかったけど、
また麻婆豆腐作ってあげようかな

せっかくの3連休だったし、
家族でどこか行ったり、お祝いしたかったんだけど
長女が休みの前日夜に高熱を出しまして…
幸い、ただの風邪みたいで
熱以外の症状もなかったのですが
微熱が続いていたので、どこも行けず。

朝からロールキャベツを仕込もうと用意していたら
主人が何度もやってきて、
「これ、やっとこうか?」とお手伝いしてくれました
これ、あなたのお祝いなんですけど…
結局、手伝わずにはいられないんだよね。
おかげでスムーズに準備出来たので、
ケーキの準備もすることが出来ました

2年前にも作ったけど、またタルトを焼きました。
タルト生地の上にラムレーズン入りの
アーモンドクリームを入れて焼いて、
その上にカスタードクリームをのせて飾りつけ

タルト生地は、前日から仕込んでおいたのですが、
タルト生地作るのも、アーモンドクリーム作るのも、
娘と一緒に作ったので、すごく時間が掛かっちゃった~
お菓子作り得意じゃないのに、
子どもに教えながら一緒に作るのって難しい…。
でも、やりたいのならさせてあげなきゃ、ね
まぁ、かなりイライラしてましたけど

何とか、焼くところまで終了して、
クリームと飾りつけは一人でさせてもらいました。
時間掛かりすぎて、赤ちゃんがぐずぐずだったし
パパは、その間子守をしてくれていたので、
お誕生日の方が大変だったかもしれませんね

みかんの皮のシロップ漬けを周りに飾って、
ブルーベリーと苺でそれらしい感じになったかな



娘はやっぱりラムレーズンが嫌みたいで
よけて食べていたけれど、美味しかったようです。
主人にはすごく好評で
「焼くたびにどんどん腕上がっているんじゃない?
まるでキルフェボンのケーキみたいだよ」
ですって

…それはいくらなんでもほめ過ぎでしょ~
って次の言葉がすぐに出てこないくらい驚いたけど
そんなに喜んでくれると嬉しい

結婚当初、あまりケーキが好きではなかった私に
主人が教えてくれたお店がキルフェボンでした。
彼は、当時代官山で働いていたので、よく知っていたみたい。
タルトなら…って食べてみたらすごく美味しかったの

私たちは二子玉川の高島屋の近くに住んでいたので、
よくタルト食べに行ってたんです。
まだ子どもがいなかったから、二人だけの思い出
だから、主人にそう言ってもらえて嬉しかったなぁ

もっと腕磨いて作ってあげたいな

2月の娘のお誕生日から、
何だかお菓子作りする機会がよくあって、
今まで苦手意識のあったお菓子作りに
ちょっとはまちゃってます

スイートポテトやゼラチンで作るプリン。
余ったレーズンや卵白で作ったラムレーズン入りのバタークリームを
クッキー生地に挟んで、レーズンバターサンドを作ったり。
これは会社にも差し入れに持って行ったんだけど、好評でした
cats1_20140330013052a7a.jpg
焼き色つきすぎちゃったけど、
卵白が余ったからレモンティーフィナンシエ。

そして、さくほろ!!簡単お店の味チョコクッキーと
さくほろ!!簡単なのにお店の味クッキー(プレーン)を
焼いて、実家の両親や甥っ子たちにおすそ分けしたり。

写真はないけど他にもレモンティーパウンドケーキとか
いろんなレシピのプリンとか。

準備とか苦手だけど、
娘と一緒に作ることが出来たり、
おすそ分けすることが出来たり、
やっぱり家族が美味しいって言ってくれたり
笑顔で食べている姿を見ることが出来て、
お菓子作りってすごく幸せだな~って思います

でも、やっぱりお菓子作りを始めたら
産前まで体重が戻ってないのに、
どんどん太っていってる…

とうとう先日、甥っ子に言われちゃいました。
さすがに私には言えなかったのか、うちの母に
「ri*aoちゃん、前よりどんどん太っている気がするね。
きっと、こんなに美味しいものばかり食べてるからだよね。」
と言っていたそうで…子どもは正直ですね

しばらく作るのやめようかなぁ…。
私が食べなきゃいいだけなんですけどね
でも、今しかお菓子作りなんて出来ないので、
なるべく味見しすぎないように
楽しんで作りたいな
スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 11:23:33|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あけましておめでとうございます

ご挨拶が遅くなりましたが…
あけましておめでとうございます



今年も家族仲良く過ごして
家事も育児もハンドメイドも楽しんでいきたいなぁ~と思っています

こんな、ゆっくり更新のブログですが、
今年もたくさんの育児の出来事とハンドメイドの記録を
綴っていきたいと思っておりますので、
今年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年の記録は、12月の記事に少しずつ増やしていきます

※生活発表会の記事を12月に載せました~
※②クリスマス記事も12月に載せました~。
  1. 2014/01/10(金) 15:07:34|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お庭ご飯 & お祭り & 成長記録(ベッド他)

またまた更新出来なくて、6月になっちゃいました~

お腹も結構大きくなってきて、8か月目に突入。
時々、胃痛とかむくみとかがあったりするけれど、特に問題もなく順調です

でも毎日、仕事して帰ってくるだけで精一杯な感じで、
主人も仕事が忙しくて残業・休日出勤ばかりなので、
帰って来て娘にご飯食べさせるだけでヘトヘトになってます

職場でも一人だけ汗かいて暑がっている気がするし~。
まだまだこれから、妊娠後期は暑いと思うけど、頑張りまーす

ブログ更新していない間にもいろんなことがあったような気がするけれど、
すぐに忘れちゃうから、お休みの記録を少しばかり…。
さかのぼって書きたいと思います。

忙しい主人だけど、お仕事が早い日やお休みの日は、
いつも私たちの為に何でもしてくれる本当に優しい人

5月はバーベキューも出来なかったからって、
最後のお休みの日にお外ご飯を計画してくれました~

バーベキュー用の机や椅子、暑い日だったのでパラソルまで出してくれて、
お昼をお外で食べることに。

娘はパパがいるだけでも嬉しいのに、
お外でご飯を食べれると聞いて、大喜び
パパがいる日は、テンション高くはしゃいだり、いっぱい甘えたりしてます

バーベキューの簡単バージョンで、お家の中でいろいろ焼いてくれたり、
サラダやスープも作ってくれて…私と娘は外で待っているだけ~。
至れり尽くせりです(いつもそうだけどね…)

娘は待っている間も元気いっぱいに走ったり、歌ったり、
笑いが止まらない様子~
DSC09027_20130610151508.jpg
ご機嫌です

小次郎もお外に出してあげて、家族だけの素敵なランチタイムを過ごしました


去年作った娘用の夏服、やっぱり小さくなっていて、
ちょっぴり太目な娘がよりむっちりして見えて…
やっぱり作ってあげたいなぁ~。


その次の週末は、市内の大きなお祭りでした
6月1日のお祭りは、私たちも小さな頃から楽しみにしています
今年は金土日にあたって、盛り上がりもすごく人出が多かったです。

主人の実家は、そのお祭りの中心近くにあるので、
娘も毎年、お神輿に参加しています。

でも、今年は主人が休日出勤になっちゃって大変でした~
義実家の近くに駐車出来ないので、私の実家に停めさせてもらって、
荷物を持って娘と市内電車に乗り、人ごみの中を抜けて義実家へ。

人ごみの中、自分の大きいお腹と背の低い娘を守りながら進むのは
やっぱりしんどかったです
去年よりも日差しが強くはなかったので、少しは楽でしたが、
お神輿の時間帯が14時からなので、娘は歩きながら寝ちゃっているし、
私もそんな娘の手を引きながら回っていて疲れちゃいました~

でも、途中の休憩でアイスをもらった途端、復活する娘~。
テンション高くはしゃぎ始めて、楽しんでいたようなので
ちょっとほっとしました~
去年よりも大きくなったなぁ~。
ハッピ姿って可愛くって好きです

cats2_20130607164308.jpg

お神輿が終わって、義実家に戻ったけれど、
興奮状態にあった娘はゆっくり眠ることも出来なくて、
私も休めなかったから、ちょっとぐったり…

パパが仕事を早めに切り上げて駆け付けてくれて、
やっと夕飯前に3人でお祭りに出掛けることが出来ました~。

とにかく人出が多かったので、お店をまわって2軒だけゲームに参加。
お水の中を流れるボールやお魚を釣り上げるのにしようと思ったけれど、
娘がやりやすいように、流れてはいないけどお水の中の宝石みたいなのを
お玉ですくうゲームをしてみました。
これは何度も挑戦して良いのですが、飽きっぽい娘はすぐに終わっちゃって
でも、可愛い小さなバッグに宝石を入れてもらって嬉しそう。

もう一つも、同じような感じのお店。
今度は、お水はないけれどぷにぷにしたカラフルなボールみたいなのをすくうの。
きんぎょすくいのような紙の素材ではまだ難しいので、
結局おたまですくうようなゲーム。
でも、いっぱい取れて、娘的には大満足~

後で、とってきたものを写真に撮ろうって思っていたのに、
義実家に忘れて来ちゃいました。

パパが来て安心したのか、パパに抱っこされてやっと眠れた娘。
せっかくの夕飯時も眠すぎて機嫌が悪かったけれど、
美味しいものを食べて、また復活~

いつもお義母さん、すごくいっぱいのお料理を作ってくださるんですが、
この日はお祭りだからか更にすごいご馳走~。
写真よりもっとあったんですよ?本当にすごい、尊敬しちゃいます
頂いたお赤飯とか、卵べっこうとかもあったりして、テーブルいっぱい。
私たちが買ってきた炙り鱒寿司(お祭り限定)とかもあったので、
当然食べきれず、結局、私たちが持って帰りました~
cats3_20130607164310.jpg
いつもね、お義母さんにはお世話になりっぱなしで申し訳ないくらいです。

帰りは、夜だったから、更にすごい人ごみの中を
3人ではぐれないように帰りましたが、
やっぱり、妊婦&小さな子どもには大変でした~

でも、やっぱり楽しいお祭り。
来年は、もう一人増えて、もう少しゆっくりとお祭りを楽しめたらいいな


もう一つ、書き忘れていた成長記録
3月末に娘の為にベッドを購入しました~。

弟か妹か分からないけれど、いつかの為に2段ベッドを購入。
娘の分だけ組み立ててあります。

もう一人子どもが産まれてくる予定だし、娘も3歳になったので、
4月頃からいろんな準備をしています。
(出産準備&赤ちゃんの用意はまだだけど…)

ベッドも一人で寝るには早いかも…と思ったりしましたが、
娘も大きくなってきて、一緒に寝るにはちょっと狭くなってきたし、
娘の足がちょうどお腹のあたりにあるので、
寝ている間にお腹を蹴られそうで、ちょっと怖いんですよね
(今は授乳クッションで防御してます)

もちろん、娘は最初は断固拒否
でも、赤ちゃんが産まれて授乳するようになった時のことも考えて
少しずつ娘にお話していました。

ちょうど、4月から年少さんになったので、とってもいい時期で
「お姉ちゃんになりたい」という娘の思いもあるので無理にではなく、
少しずつ慣れていってくれたらいいなぁ~って思っています。

正直、ベッドをパパが組み立ててくれた時には、私の方が淋しかったです
ベビーベッドが私側にあるので、どうしても娘のベッドはパパ側に置くしかなくて。
私は、娘とくっついて眠るのが大好きだったので、娘の姿が見えない
その場所が淋しくて…「パパはいいなぁ。」ってつぶやいちゃったり
さすがにもう慣れましたけどね


娘も私がいる時はやっぱりママの横が良くって。
結局、今も寝る時は私たちのベッドにいて、眠りについたらパパが運んでます。
お風呂は私と一緒に入っているので、先にあがった娘は
パパと眠ることが多いです。(それもちょっと淋しかったりする)

ある時、パパと先に寝ていた時のこと、(後日パパから聞いた話)
「お姉ちゃんだから、お姉ちゃんのベッドで一人で眠るんだよ?」ってパパがお話していたそうで、
「じゃあ、赤ちゃんは?」
「赤ちゃんは、ママのお腹の中にいるでしょ?」
「rin*ちゃんだって、赤ちゃんの時ずっとママのお腹で暮らしていたんだよ。
ママと一緒がいい~」って泣きながら言っていたそうで。

パパはとっても冷静な人で、あまり感情移入しないタイプなんですが、
さすがにその時は涙が出そうになってきて、愛おしくなって抱きしめたくなったそうです。
堪え時だと思って、そのまま言い聞かせて一人で眠らせたそうですが。

母親としては聞いているだけで胸がきゅんとなる話。
私なら負けちゃって、抱きしめて一緒に眠ってしまうと思います


夜中に起きちゃって、結局、私の横に来ていたりするのですが、
朝まで一人で寝ていた時なんかは
「すごいね~。一人で寝ていたの?」と褒めると、
「うん、お姉ちゃんだからね。」とちょっと嬉しそう

少しずつ、新しい環境を受け入れてくれるような感じになるといいなぁ。

今の彼女のベッドはこんな感じ
DSC09095.jpg
新しい遊び場になっています。
ここは彼女だけの場所なので、ここにぬいぐるみたちを並べて、
毎日、お母さんごっこ(保育所ごっこ)してますよ。

小さい子たちが赤ちゃんで、くまさんたちはお兄ちゃんお姉ちゃんなんですって。
一生懸命お世話したり、避難訓練させたり…
見ているだけでも面白いです
cats5_20130607164313.jpg

このベッドが彼女の大切な場所になりますように。


他にも春からいろんな変化があって、
車に乗せるチャイルドシートも、3歳くらいから使えるお姉ちゃんシートを購入。
お姉ちゃんシートは後部座席が狭くなっちゃうので、今の所助手席にセット。
エアバックが出たら危ないので、思いっきり後ろに下げて使っています。

赤ちゃんが産まれるまでは、どちらでも好きな方に座れるようにしてあります
ちょっと車内が狭くなっちゃいましたが、車も娘の大好きな場所になりました。

赤ちゃんになりたい時や家族で出掛けてママの隣に座りたい時には
今まで通り赤ちゃんシート(新生児から小学生まで使えるもの)に座り、
お姉ちゃんになりたい気分の時やママと移動する時は、お姉ちゃんシートに座ってます

食事をする椅子も、赤ちゃんが離乳食を取る頃には、
娘用の椅子を用意するか、大人と同じ椅子に座るか考えていきたいです。
時々大人の席に座ると、かなり嬉しそうな娘なので、
どんな風に環境が変化していくのか、私たちも楽しみ~

お姉ちゃんになるということで、我慢させることも増えていると思うけれど、
娘にとって新しい挑戦や、楽しみなことも増えていくように
家族の在り方を考えてあげたいなぁ~って思います


私のお腹も大きくなってきて、娘に十分なことをしてあげられていないけど、
娘は逆に私のことをとてもよく分かっていて、すごく気遣ってくれる優しい子

パパが忙しくて二人でいる時は、何でも一人で頑張ってくれたり、
お片付けやお手伝いもしてくれるようになりました

お着替えをしたら、朝はきちんとたたんで置いて、
夜にはちゃんと網に入れて洗濯機に入れてくれたりします。
私に余裕がある時は、お洗濯が終わったものをハンガーにかける練習したり、
乾いたものをたたんでもらえるように一緒にやってみたり。

そういうのを任されるのも娘にしてみたら、すごく嬉しいみたい

トイレも娘はとってもゆっくり成長タイプだったけど、
ほとんど失敗しなくなり、(まだ大きい方はお家では出来ないけど)
登る台と補助便座があれば、自分でしてくれるし、
セットしていない2階のトイレでは、自分で便座に登って、
逆向きにしてくれるので、ほとんどお手伝いしなくて良くなった

私は妊娠が分かってから娘を抱っこしてあげることが少なくなってしまって。
ほとんどパパにまかせっきり。
特にお腹が大きくなってからは、力を入れちゃうとお腹が張るような気がして
立ったままの抱っこはほとんどしてあげていない

でも、どうしてもママじゃなきゃダメな時は、少しだけ頑張るか、
座って抱っこして、ベタベタしてはいるけれど。

だから、お休みの日は、朝からゆっくりとベタベタする時間を作ったり、
自分もイライラしないように、ちょっと最近娘に甘かったりする
そのせいか、二人でいる時は、最近はゆったりした感じで、
子ども同士が遊んでいるような感じかも

きっと、ママが大変なのを知っているから、
娘はあんまり私に無理なことを言わない気がするし
私には絶対に力をいれてぶつかったりしない。

その分、パパが帰ってきたら、ものすごくはしゃいで
走り回ったり、抱っこや肩車をしてもらったり、激しい遊びを要求する
そして、パパにはひどいことをしたりして、怒られたりもする。
泣いたり怒ったりするのも、パパが帰って来てからの方が多いかな?
パパが帰ってくると安心して私にも甘えられるような感じ。

パパが帰って来た時の、娘の様子を見ていると、
普段、私といる時にはなかなか思いっきり甘えたりしないで
我慢させていることも多いのかなぁ~って思うけど、
今は、そんな優しい娘の気持ちに思いっきり甘えちゃっている母です

もっと、時間をかけて、娘のことを見ていてあげたいなぁ~と思うこの頃。
でも、きっと赤ちゃんが産まれたら、また見てあげられる時間が少なくなるかな?
それも新しい家族の形なのかな?
そんな風にのんびり考えてます


主人と二人、仕事のお昼休みに一緒にご飯食べながら、
娘のことや、今の私たちについて、とりとめない話をします
一緒に働いていていいなぁ~と思うのはそんな時。
時間がなくても、お昼だけは二人きりで話せる。
仕事のことや家庭のこと、世間話。

私たちはとても似ている部分が多いので、
娘への対応の仕方も重なることがある。
家庭での役割分担は自然と出来ているけれど、
娘に対してはそれぞれに感情で動いている時があったりして。

パパが怒っている時にはママのところへ
ママが怒っている時にはパパのところへ
臨機応変に対応して、逃げ場を作ってあげていたりするけれど、

4月か5月頃、妊娠して、どうしても自分に余裕がなくて、
叱るのではなくて感情で怒ってしまう時があったりしました

ママにも怒られ、そんな態度をパパにも怒られ…
二人に怒られて逃げ場もなくなっちゃって、
娘もヒートアップしちゃって、更に怒られて…
家族全員の気持ちが良くない方に向かっていくばかりで、悪循環

冷静になって考えてみると自分たちの姿が見えて、
こんなにも二人に怒られてばかりで
娘の気持ちはどうなってしまうんだろう…と心配になったり、
反省したりしながら、二人で昼時間に話し合ったりして。

似ているので、お互いが反面教師になったりもする。
鏡のような存在で、相手の姿を見て自分の欠点に気付かせてもらって、
二人で直していこうねって冷静に見れることが出来たり
相手の良い面もよく分かるので、真似したいなぁ~と思ったり、
主人のことを心から尊敬したり。

「ママにはかなわないね。」ってよく言われるけれど、
私はいつも「パパにはかなわないなぁ~。」なんて思ったりするほど、
娘にとって素敵なパパであり、私にとって素敵な旦那様
主人のおかげで、心穏やかな毎日を過ごせているんだなぁ~って思います。
本当にいつもありがとう
甘えてばかりだけど、こらからもよろしくね

成長記録のはずだったのに、違うことを書いちゃいましたが
感じていることをそのまま記録します。


次回は、ちょっとハンドメイドの記録を~。
  1. 2013/06/11(火) 14:00:06|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

GW 2013 & 母の日

またもや久しぶりの更新~
お仕事がバタバタしていたり、何だか時間があっという間に過ぎてしまって
ブログ更新できていない状況で~す。
お友達のところにも遊びに行くものの、コメント残せずにいてごめんね

私は毎日とっても元気に過ごしています
7か月目(26週)に入り、お腹も大きくなってきてます
他のママさんたちや妊婦さんにも「お腹大きいね!」なんて言われてますが、
おそらく元々の体型と、太り過ぎが理由じゃないかなぁ~
娘の時も大きく見えるお腹だったような気がするし。

お腹は大き目だけど、赤ちゃんの大きさは週数通りの大きさ。
今の所、私も赤ちゃんも特に問題はなく、ほっとしています

娘も笑ったり、泣いたり怒ったり、本当に忙しいです
3歳3か月、少し落ち着いたかなと思った時期もあったけれど、
この時期はこの時期で大変だったりして、叱ることも多くなってます

いつもより娘を怒ってしまった時には、赤ちゃんが強く蹴るのか、
お腹の一部分が強く押されているかのようにきゅっと痛くなることも…。
赤ちゃんが「あんまりお姉ちゃんを叱らないで~。」って言ってるのかな?
怒りん坊のママは赤ちゃんも嫌だよね…って反省したり

娘は毎日、お腹の赤ちゃんに一生懸命話しかけてくれています。
「赤ちゃ~ん。お姉ちゃんですよ~。」
呼びかけたら、赤ちゃんがお返事しないと嫌みたいで怒ります
だから、いつも私が変な声でお返事しているんですけどね。

「お姉ちゃんすごーい。赤ちゃんもお姉ちゃんみたいになりたいな。」
なんて褒めてあげると、とっても嬉しいみたいで、
「ありがと。赤ちゃんにほめられた~。」って照れくさそうに言いながら
更に張り切って、ご飯を一生懸命に食べたり、頑張ったりしています

「赤ちゃん大丈夫だよ。お姉ちゃんが守ってあげるからね。」とか
「赤ちゃんが産まれてきたら、抱っこしてあげるね。」とか
「赤ちゃん、だぁ~い好き。」と優しい言葉を掛けてくれます

お腹もたくさんなでなでしてくれて、優しい娘。

赤ちゃんが産まれてきたら、どうなるか分からないけれど、
今のところは赤ちゃんのことが大好きで、とっても楽しみにしている様子。
ぬいぐるみたちを皆赤ちゃんにして、お世話してあげたり、
お姉ちゃんっぷりを発揮しています

でも、時々は「rin*ちゃんもママのお腹の赤ちゃんになりたい…。」
って言います。まだ3歳だもの、たっぷり甘えたい日もあるよね。
そんな時は「バブ~。」ってバブちゃんになって、
おっぱいを飲む真似をしたり、抱っこしてもらったり…。

少しずつ、気持ちの上でお姉ちゃんになる準備をしているけれど、
産まれたら、どんな風にお姉ちゃんになっていくのか楽しみでもあります。
きっと、甘えたいけれど我慢することも多くなるかもしれないし、
赤ちゃんが羨ましくて赤ちゃん返りする時もあるかもしれないし、
張り切り過ぎて空回りする日もあるかもしれない。
それでも、楽しいことが増えるといいなって思います


さて、今更だけど、ゴールデンウィークの記録。
前半は、パパもお仕事で遠出することは出来なかったし、
いつもの週末のように双方の実家に遊びに行くこともなかった。
唯一行ったのは、カラオケぐらい

妊娠している私を気遣ってくれる主人だけど、
カラオケに行きたがっていたのを知っていたので、
時間が空いていた夕方にふらっと寄ってみた。

娘は初カラオケではないものの、理解できるようになってから来たのは初めてで、
一緒にマイクを持って歌う経験が出来ました
娘の歌う曲は、童謡や「おかあさんといっしょ」の曲、アンパンマンの曲。
パパ、ママ、rin*ちゃんの順番に曲を入れてあげたので、
順番に歌うのが楽しかったみたい。
パパが順番を変えちゃうと、怒ってました

慣れてくると、マイクで上手に歌ったり、ノリノリで踊ったり。
最後は、AKBのヘビーローテーションを入れてあげると、嬉しそうに歌ってくれて。

時間になっても帰りたくないって、不機嫌になってしまうくらいでした。
それ以来、ずっと「マイクで歌うところ、また行こうね。」って言ってます
とっても気に入ったみたいで、お家の中でも私と二人でいると、
飾り棚の奥にある鏡に向かって顔を作り、
マイク代わりのおもちゃを持って、うっとりと大きな声で歌っている娘
時々、一回転してポーズまで決めています。
…どこで覚えてきたんだろう

いつか、マイクの取り合いになりそうで怖い~。

GW後半も始まりの日は、パパはお仕事。
二人でお出かけして、河川敷にある大きな公園に遊びに行きました。
道端で見つけたたんぽぽと綿毛を見つけてにっこり

GWの間、ずっとお天気で(少し崩れた日があったかな?)
青空と新緑がとっても気持ちが良かったです。
お散歩しているだけで幸せな気持ちになれる~



大きな公園なので、バーベキューをしている団体も多く、遊具も子どもたちでいっぱい。
圧倒されちゃった恥ずかしがり屋の娘は、皆から離れた散歩道をただ歩き、
「あっちで遊んでこよっか?」と声を掛けても、
「だって、知らないお友達いっぱいだもん。」と照れくさそう

お散歩している内に少しずつ慣れていって、
人が多い方にも行けるようになったけれど、遊具で遊ぼうと思ったら、
酔っ払ったママさんがその遊具に乗ってしまったので
また怖気づいて、遊べなかった娘
知らない子がいても、思いっきり遊べるようになったらいいね。

結局、ママと二人、新緑の桜並木の下をお散歩することにしました~。
どんぐりを拾ったり(虫が嫌だったのかママに拾わせていたけど)、
枝を拾って、地面をツンツンしていたり、
ママの帽子をかぶって、ポーズをとっていたり、
小道をよ~いどん!で走って行ったり、
それだけで楽しかったみたいです
cats2_20130514133012.jpg
帰って来て、お家のベンチでほっと一息の娘さん。

午後からは、パパもお休みに入ったのだけれど、
疲れがたまっていたのか、体調不良で寝込んでしまった~
起こすのも可哀想だし、GWはどこにも行けないかなって諦めモード

元気が有り余っている娘をどこに連れて行ってあげたらいいか悩んでいたけれど、
そんな私を見て、パパさん頑張ってお出かけしてくれました

県内の植物園。
ここならそんなに遠くないし、人出もあまり多くないので、ゆっくり出来る。

子どもには楽しいのか分からないけど、怖がりの娘にはちょうどいい。
敷地はかなり広いので、いいお散歩コースにもなります。

娘の大好きなバス(園内を案内してくれる小さなカートみたいなバス)に乗ったり、
お花を見ながら3人でお散歩したり。
芝桜や牡丹、藤や梅や桜もあって、綺麗だった~。
cats3_20130514133014.jpg
ここでも、娘ははしゃいで走り、転んですぐにシュンとなっていたけど
3人でお出かけできるだけで嬉しいんだよね

パパの体調不良で遠出は無理かなぁ~と思っていたけれど、
出産したら、しばらく連れて行ってあげられないかもしれないから、
どこかにお出掛けしたくって。
パパの体調が少し良さそうな日に遠出しました

今回は、岐阜県の「牧歌の里」に行ってみました~。
実は、まだ娘を動物園にも連れて行ったことがないんです
触れ合った動物と言ったら、うちと両実家にいる犬たちだけ…。

今回も行こうって言ったら、嫌だと言われましたが、
実際に見てみないと分からないし、こういうのは慣れだよね?

途中のPAでもう景色が綺麗~。
癒されるわ~と思っていたけど、この小屋みたいなのは何かしら?
近づいて見ると、やぎさんがいた~
cats4_20130514133016.jpg
到着したら、さすが高原だけあって風は冷たいけど、日差しが強い
また娘に日焼けさせてしまった
気を付けていたつもりだけど、私もかなり焼けてた

今年は自宅でバーベキュー出来なかったから、
牧歌の里の屋内バーベキュー場で焼き焼き~。
娘も美味しかったようでもりもり食べていましたよ

園内を走っていた緑と赤の電車に乗りたがったので、
緑の電車に乗って広い園内をぐるっと一周。
(赤い電車に乗りたかったと文句を言っていたけれど)
cats5_20130514133017.jpg
黒いお顔の羊さんと白いお顔の羊さん。
羊さんの看板にお顔を突っ込んで記念写真をパシャリ。

ジャージーのソフトクリームを食べてご満悦の娘さん

羊さんにエサやり(おせんべえ)を出来るんだけど、
思ったよりも大きくて、娘は怖がってパパに抱っこしてもらっていたので、
私がえさやりの担当になりました。
えさもらうのに慣れ過ぎていて強引に向かってくるので、結構怖いかも

小さな羊さんたちは皆で一緒に寝ていて可愛かったよ

cats6_20130514133040.jpg

お馬さんにもエサやり(にんじんスティック)出来るの。
馬はすごく綺麗なお顔をしていて、好きだなぁ~
もちろん、私がすべてエサやりさせてもらいました。

本当は引き馬体験(乗馬して引いてもらう)も出来るから、
妊娠していなかったら絶対乗ったのにな~って言っていたら、
「パパは乗らないよ」「rin*ちゃんも乗らないよ。」って親子で言ってました
「乗りたかったなぁ~。」ってまだ私が言っていたら、娘に、
「ママも乗らないでね。赤ちゃんいるんだからね。」と言われ。
娘はお馬さんが怖いのでそう言っているだけだけど、何だか面白かった

ジャージー牛もお目目ぱっちりで可愛いかもと思って、
エサやり(牧草のかたまりみたいなの)をしようかと思ったけれど、
見ていると、ものすごい食べっぷり&よだれの量がすごかったので
さすがにあげたいという気持ちになれず、近くで見ていました。

乳搾り体験も出来たみたいだから、時間が合えばやってみたかったなぁ
子牛さんたちも可愛い~

一番楽しんでいたのは私かもしれませんね。

娘は遠くにいる羊さんには、積極的に叫んだり、話しかけたりしてました。
めぇ~と鳴いているのが面白かったようです
cats7_20130514133042.jpg

動物とのふれあいだけじゃなくってね、いろいろありましたよ。
「木ぼっくり」っていう小枝で作られた森の妖精のミュージアムは
何だか可愛くって癒された~。
でも、娘にはまだ早かったのか、全然興味を示していませんでしたけど

手作り体験もいろいろ出来るみたいで、
娘がもっと大きくなって手作りに興味が出てきたら一緒にやってみたいな。
私たちは、ピザ作りとかパン作りとかやってみたかったけど~。

ここはお花も綺麗でしたよ~。
高原だからか時期が少し早かったみたいで、チューリップや他のお花もまだまだで
満開だったら、ものすごく綺麗だと思います
cats8_20130514133044.jpg
でも、娘さんはご機嫌。
お花の前で、変なポーズや変顔をしたりして、自分でウケてました

明るい娘の笑顔を見れるだけで幸せだなぁ~って思います。

唯一可愛いと言っていた動物はうさぎさん。
じぃ~っと動かなかったので、娘は自分から覗きにいっていましたよ。

本物の動物に触れて、少しは怖がりも克服できたかな?
どんどんいろんな体験をさせてあげないとダメですよね。

バーベキューやソフトクリームの他にも
大きなソーセージや、飛騨牛バーガーなんかも食べて、
高原のパン屋さんでパンをお土産に買って食も満喫した私たち。

いつもと違った場所で食べると、何でも美味しく思えちゃいますよね。
GWだったけど、敷地が広かったからか、そこまで混んでいなかったような気がします。

家族3人(+お腹の赤ちゃん)で、とっても楽しい思い出が出来ました~

最後に娘が気に入っていた記念写真。
いろんな場所によくある、顔を出して撮る看板みたいなの。
これに娘がはまって、すごく楽しんでいました~

原始人みたいなパパと娘。
あまりにも二人とも似合っていて、撮る方もニコニコしちゃいました。

cats9_20130514133045.jpg
それにしても、こういう写真を撮る場所にも興味を示したり、
楽しんだりするようになったんだなぁ~と思うと、
すごく成長を感じました

これからもたくさんたくさん思い出を作っていこうね


そして、日曜日は母の日でしたね。
私の母と主人の母、二人の母にそれぞれ好きなものを贈りました。
二人にメッセージカードを書きながら、日頃の自分の気持ちを振り返ったり。

久しぶりに両家の母に会いに行けて、嬉しそうな顔を見れただけで幸せな気持ちになりました

今年からまた孫が増えて、二人にはお世話になると思うし、
ずっと元気でいて欲しいなぁ~って心から思います。

今年、娘からもらった母の日のプレゼント

何か作っていたことは知っていたけれど、
金曜日の日に保育所にお迎えに行ったら、
すごく嬉しそうな顔でバッグの中から取り出して渡してくれました。

「ママ、いつもありがとう。」
そんな言葉を言ってくれるから、とっても感激しちゃったよ
嬉しくって「ありがとう!」ってぎゅうって抱きしめました

ママのお顔は何だかアンパンマンのようだけど
上手に髪の毛も描けるようになってきたんだね。

DSC08924.jpg

後ろに小さなマグネットがついていたので、
大切に冷蔵庫に貼ってあります。
ハートの部分はつるつるしているので、ホワイトボード用のペンなら
何度も書いたり消したり出来るみたい。

「パパにも描いてあげるんだぁ~。」ってこっそり教えてくれました

「ママのお顔、可愛いでしょ?」って嬉しそうに話してくれる娘。
何度も冷蔵庫の絵を見てはにこにこしています


愛する娘へ
いつもにこにこ明るいrin*ちゃん。
喜怒哀楽がとっても激しいけれど、それもあなたの魅力です。
そんな素直に表現できることは素敵なことだと思うから。

怒りん坊のママだったりするけれど、そんなママにも優しくしてくれてありがとう。
rin*ちゃんと過ごせる時間はやっぱりとっても愛おしくって大切なんだよ。

こんな私をママに選んでくれてありがとう
あなたがいてくれるから、ママはとっても幸せです

まだまだ未熟なママだけど、これからも一緒に成長して行こうね。
rin*ちゃんは、これからもずっとママの大切な宝物だよ
  1. 2013/05/15(水) 14:30:19|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

週末雪遊び

先週、金曜日から週末久しぶりにドカっと雪が降りました

うちの会社は敷地が広いから、結局、除雪車入ってもらわないと身動き取れないので、
今季、3回目の除雪作業に入ってもらいました(経費が掛かる~

でも、今年は、雪が少ないような気がする~。
降っても、いいお天気になってすぐに溶けちゃうんだよね


…そんなことを思って油断していたのか、
月曜日の朝、出勤途中に車が180度回転しました~

少しスリップことはあっても、ここまで回ったのは初めてかも~

月曜日の朝、道路には結構、積もっていたんです
降ったばかりの時は、そんなに滑ったりしないんですけど、
その日、おそらくふわふわ雪の下は、週末に積もった雪が日曜日のお天気で少し融けて、
それが凍っていたのかもしれません

その日は、路面事故多発だったそうで~

でも、そんなにスピードは出していないし、ブレーキすらも踏んでいない場所で
突然、ツルっと右に曲がり…やっぱりすごくびっくりしました
そこは、両側田んぼに囲まれた細い2車線道路。
真横に向かっていくのを感じながら、「ヤバい。田んぼに突っ込む…衝撃あるかな?」
なんて、のんきに考えてました

でも、身体は正直で、車を止めようと無意識に急ブレーキを踏んでいて…。
そのおかげで、更にスピンし、反対車線のぎりぎりで横付けしたようにピタッと停止。
ボフって音がしたから、雪のクッションのおかげかな?

普段だったら、雪道で急ブレーキなんて、やっちゃいけないんでしょうけど
でも、きっと、そのおかげで更に回転し、まるでUターンしたように停まりました。

後ろの車のおじさんが、ものすごく驚いた顔でこちらを見ていました。
私は思わず、笑ってました…無事だったからこそ笑えるんだろうなぁ~

実は、後ろに娘も乗せていたので、かなりドキドキ
「rin*ちゃん、大丈夫??」って聞いたら、
「え~、大丈夫だよ?」とのんきな声が聞こえて、ほっとしました

対向車もいなかったことや、いろんなラッキーが重なって、
娘も私もまったく怪我もなかったことは、本当に有難いことで、
ただただ感謝してます

車も雪にはまって動かないかと思いきや、すぐに動いてくれたので
そのまま何事もなかったように、またUターンして、保育所に向かいました。
きっと、これはすごいラッキーなことだったんだなって、思います

今後、雪が降った日は、なるべく大きな道を通ろうと思いました。
雪道では、普段よりも何が起こるか分からないので、もっと十分に気を付けないと。

皆様もお気を付け下さいね~


昨日も今日もとってもいいお天気で、いっぱい積もった雪は、
あっと言う間に融けてしまいました~。
いいお天気の日は、やっぱり気持ちがいいです~


でも、子どもは、雪が大好きなので、もっといっぱい遊ばせてあげたいなぁ。
話が前後しちゃいますけど、先週は雪遊び出来ました~

パパが朝、雪かきすると聞くと、すぐに「rin*ちゃんも雪かきする~。」
身支度してパパと一緒に雪の中、出掛ける娘のお目目はキラキラしてます

娘が通れる道をパパが作っている間、玄関で一人可愛い雪だるまを作っていた娘。
上手に出来ていたから、後で写真撮ろうかなって思っていたら、
その後、壊しちゃったみたい~、残念

私は寒いので、ずっとお家の中でぬくぬく。
でも、楽しそうなパパと娘の姿を残しておきたくて、
お家の中から、望遠を使って、二人の姿を隠し撮りしちゃいました

何か、楽しそうでしょ~?
羨ましくって、すぐに私も外に行きたかったけど、
準備するのが面倒で、写真撮るだけにしておきました


今年は、あまり積もらなかったから、小さな滑り台をパパに作ってもらって、
とっても楽しそうに滑ってましたよ

去年は、大きな滑り台をお尻で滑っていたけれど、
今年はそり初挑戦になったかな?
大きなスコップで雪を運んだりもできるようになったし、成長を感じます

望遠で隠し撮りしていたら、自然ないい表情を撮れたような気がします
パパと娘の写真は、とっても自然な笑顔で笑っていて、お気に入り
(パパの顔は隠れちゃっているけどね~)
写真を撮ろうかなって気持ちになったのも、久しぶりかも

二日続けて雪遊び出来たので、二日目は、パパにカメラを渡して撮ってもらいました。
日曜日は、とってもいいお天気で、小次郎も出たがっていたので、
私以外、皆で雪遊び~

パパが撮った写真(↓の左上)を見て、びっくり
何と、小次郎も娘と一緒にそりに乗って遊んだとのこと。

小次郎は普段、なかなか娘と一緒に遊んでくれないのに、そりに乗ったとは。
しかも、全然怖がったりする様子もなく、結構、いい表情してる

娘もすぅ~っと滑る急な滑り台の方が楽しかったみたいだし
これは、スキー上手なパパに連れて行ってもらって、デビューしてもいいかも
今年は無理でも、来年は連れて行ってあげれたらいいなぁ~
パパ、よろしくね

cats2_convert_20130130163517.jpg

娘と犬だけが入れるようなカマクラも作ったみたいだけど、
今朝見たら、もう融けちゃってました~。
また、雪遊び出来るといいね
  1. 2013/01/31(木) 11:45:15|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。